Sponsored Contents

Spaceの最新記事

Image credit:
Save

米国「2024年までに月面有人探査」目指すと宣言。NASAが間に合わなければ民間も活用の構え

予算は…

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年3月27日, 午後01:50 in Space
103シェア
18
85
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
アメリカのペンス副大統領が自らが議長を務める国立宇宙評議会(NSC)において、今後5年以内(2024年まで)に宇宙飛行士を月に降り立たせることを計画していると発表しました。当初は2028年を目処としていた有人での月面着陸を一気に4年も前倒しし、中国およびロシアとの宇宙開発競争に先んじる構えです。

副大統領は計画がかなりタイトになることを認めつつもそれが実現可能だと主張。明確な動機づけが計画をどれだけ加速できるかを、アポロ11号の月面着陸を例に説明しました。さらに、たとえNASAの大型ロケットSpace Lauch System(SLS)が計画に間に合わなくとも、民間のロケットを利用する手立ても考えられるとしています。

そして「米国の宇宙における次の大きな飛躍は、月面に恒久的基地を建設すること、そしてアメリカの宇宙飛行士を火星やその向こうにまで届けるための技術を開発すること」が含まれると述べました。

米国の月面基地は、おそらく氷が豊富にあるとされる月の南極付近に作られることになりそうです。ペンス副大統領は、NSCはNASAの有人月面探査ミッションがその地域を目標とするようレコメンドするとしました

ただ、計画を前倒して推進するには先立つものが必用です。米国の連邦予算は過去数十年のあいだ増加しているものの、承認されたNASAの2020年度予算は1960年代のアポロ計画に比べれば微々たるものでしかありません。

また、NASAの計画には「月軌道プラットフォームゲートウェイ(LOP-G)」と呼ばれる小型の月周回宇宙ステーション建設計画があり、2022年に建設を開始する予定です。GatewayはNASAだけでなくESA、Roscosmos、JAXA、カナダ宇宙庁(CSA)が共同で開発し、月面へクルーもしくはロボットを送り込むための前線基地として機能することを考えています。

ちなみに、中国は2025年に有人での月面探査を計画しているとされます。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

103シェア
18
85
0

Sponsored Contents