Sponsored Contents

appの最新記事

Image credit:
Save

「一過性のブームで終わる危機感」 QR決済に「アライアンス」誕生の裏側

QRコードがいくつも置かれる現状を打破してほしい

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年3月27日, 午後07:10 in App
149シェア
33
116,"likes":49
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

26日、QRコード決済を手がけるLINE Payとメルペイは「MOBILE PAYMENT ALLIANCE(仮称)」を発表しました。

「MOBILE PAYMENT ALLIANCE(仮称)」はモバイル決済事業者の相互連携を目的としたアライアンス(事業者連合)。第1弾として、LINE Payとメルペイは2019年夏を目処に、QRコード(バーコード)決済の加盟店を開放し、お互いの加盟店で両サービスの決済を扱えるようにします。

LINE Pay✕メルペイ
▲LINE Payの取締役 COO 長福久弘氏とメルペイ 代表取締役の青柳直樹氏

■混迷のコード決済市場に一石

QRコード決済は、2018年末にPayPayが実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」をきっかけに一気に知名度が向上しました。2019年には経済産業省がキャッシュレス推進を政策として打ち出していることから、この市場は今後も拡大していく見込みです。

LINE Payの取締役 COO 長福久弘氏は、バーコード決済市場の現状を「昨年よりキャッシュレス事業者が参入し、盛り上がりが増している。一方で、事業者の乱立によって加盟店の負担が増加し、店舗オペレーションの煩雑化を招く。ユーザー目線でも分かりづらい」と分析。「このままでは消費者・加盟店不在で一過性のブームで終わってしまう危機感がある」と語ります。

LINE Pay✕メルペイ

今回のアライアンスの目的は、加盟店の負担の軽減し、ユーザーにとってもより便利に利用できるサービスを実現すること。そして事業者としても加盟店開拓のコストを削減し、サービスの改良につなげていくねらいがあるといいます。長福氏は「サービスが乱立してユーザーも加盟店も混乱しつつあるなかで、こういう(相互連携の)取り組みをする必要があるという思想からアライアンスを立ち上げた」と説明しました。

「MOBILE PAYMENT ALLIANCE(仮称)」の設立時点では2社のみが加盟していますが、幅広く参加を呼びかけていきたいと表明。たとえばPayPayや楽天 Payといった力のある競合サービスに対しても、加盟の要望があれば応じていく考えが示されました。

LINE Pay✕メルペイ

■ローミング型の連携

今回の提携は「店舗に掲示するバーコードの仕様はそのままで、両社のアプリで読み込めるようにする」というもの。たとえば、LINE Pay加盟店に掲示してあるバーコードで、メルペイアプリから決済したり、その逆ができるようにしたりという形。いわば携帯電話の「ローミング」に近い形の連携です。サービスの裏側では両社のシステムが連携する必要がありますが、その連携の具体的な方法や手数料体系については、今後両社で検討するとしています。



また、ユーザーや店舗にとって分かりやすくする工夫として、クレジットカードのような「アクセプタンスマーク」の導入を検討するとしています。アクセプタンスマークは店舗に貼るブランドロゴのシールで、クレジットカードではVisaやMasterCardといった国際ブランドを示すマークを加盟店に貼る慣習が根付いています。

加盟店網を相乗りすることで、決済事業者にとっては加盟店開拓のコストを抑えることができます。たとえば、メルペイではメルカリの利用者が多い地域を中心に加盟店を開拓していますが、それ以外の地域をLINE Payで補完することもできます。両社は今後、加盟店開拓においても連携する方針を示しています。

なお、現在、経済産業省主導で「QRコード決済の仕様統一」が議論されていますが、「MOBILE PAYMENT ALLIANCE(仮称)」では統一規格化までは行わないとしています。

■事業者連合へ収束していくか

事業者連携の取り組みでは、KDDIが2019年春に開始予定の「au Pay」において、楽天 Payとの相互利用を発表しています。KDDIは楽天 Payおよびメルペイに対して、加盟店開拓で協力する取り決めを行っています。

また、みずほ銀行が展開する「J-Coin Pay」や GMOペイメントゲートウェイが地銀向けに提供する「銀行 Pay」のように、共通プラットフォームを利用してQRコード決済サービスを提供する動きも広がっています。

こうした共同利用の動きが企業連合へと収束していけば、最終的にはいくつかのアライアンスが結成され、クレジットカードのようにスムーズに利用できる形態になる可能性もあります。LINE Payとメルペイが打ち出した「MOBILE PAYMENT ALLIANCE(仮称)」は、"キャッシュレス決済アライアンス設立ブーム"に先鞭をつけるものとなるかもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: app, Cashless, LINE, LINE Pay, mercari, Merpay, mobile, Payment
149シェア
33
116,"likes":49
0

Sponsored Contents