Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

モトローラもパンチホール採用か。Motorola One Visonの予測レンダリング画像が登場

パンチホールも一般的になりそう?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年3月29日, 午前10:40 in Android
67シェア
0
28
0
39

連載

注目記事

米モトローラが開発中とされるスマートフォン「Motorola One Vision(あるいはMoto P40)」の予測レンダリング画像が海外サイトで公開されています。この情報が正しければ、同社初のパンチホール採用のスマートフォンになりそうです。

海外テックサイトのTigerMobilesが公開したMotorola One Visionの予測レンダリング画像では、ディスプレイ左上にパンチホールが存在することがわかります。またモトローラ製端末としては珍しく、ディスプレイ下に社名ロゴが入っておらず、画面の大きさを強調したデザインになっています。

一方、端末の背面にはAndroid Oneのロゴが存在。カスタマイズされていないAndroid OSの搭載と、継続サポートの提供が期待されます。

TigerMobilesが伝えるスペックによれば、液晶ディスプレイのサイズが6.2インチでプロセッサがExynos 9610、RAMが3GB/4GBで内蔵ストレージが32GB/64GB/128GBとのこと。また背面カメラは4800万画素で、フロントカメラは1200万画素になります。バッテリー容量は3500mAhで、本体にはイヤホンジャックが搭載されているといいます。

現時点ではMotorola One Visionの発売日や価格は判明していませんが、ノッチよりも洗練されたデザインのパンチホールは、今後もさらに採用するメーカーが増えそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: TigerMobiles
関連キーワード: android, motorola, Punch Hole, smartphone
67シェア
0
28
0
39

Sponsored Contents