Sponsored Contents

ElectricCarの最新記事

Image credit:
Save

小型車ブランド「スマート」の株を中国の吉利グループが50%取得

次世代モデルは中国で生産

Hirokazu Kusakabe
2019年3月29日, 午後06:30 in Electriccar
134シェア
47
87
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

メルセデス・ベンツと同じドイツ・ダイムラー傘下の超小型車ブランド「スマート」に関する大きなニュースが発表されました。中国の浙江吉利控股集団(ジーリー・ホールディング・グループ)がダイムラーからスマートの株50%を取得。今後、スマートはダイムラーと浙江吉利控股集団による50対50の合弁事業となります。

浙江吉利控股集団(吉利)といえば、中国民間最大手の自動車会社である吉利汽車の親会社ですが、2010年にスウェーデンのボルボを買収、2017年には英国のロータスと、さらに"空飛ぶクルマ"を開発している米国のスタートアップ、テラフージアまで傘下に収め、まさに爆竹破竹の勢いで中国から世界の自動車業界に大きな影響を及ぼす存在となっています。

一方のスマートはというと、1990年代に当時世界的に大流行していたオシャレでカラフルな腕時計スウォッチのクルマ版を目指し、スイスのSMHグループ(現スウォッチ・グループ)とダイムラーが共同で立ち上げたブランドです。非常に小さなクルマなのに衝突安全性はメルセデスのセダン並みと言われ、常に存在感は(街中で)示してきたものの、時計のスウォッチほどの人気を博したとは言い難く、赤字続きでスウォッチ・グループは早々に撤退。これまで約20年の間に220万台以上が販売されてきましたが、利益率の面では現在もスマートは苦戦を続けていると言われています(ダイムラーはブランドごとの利益を公開していません)。

Smart

次世代モデルの生産は中国で

今回の発表によれば、2022年に登場するスマートの次世代モデルは電気自動車のみとなり、生産は中国の工場で行われるとのこと。スタイリングはメルセデス・ベンツのデザイン部門が担当し、開発は世界各地にある吉利のエンジニアリング・センターが主導するそうです。

ポジティブに想像を巡らせれば、スマートの楽しくて個性的なデザイン・センスはこれまで通り受け継がれ、パワートレインにはボルボやその傘下で電動化に専念しているポールスターの技術が、そして車体や足回りの設計には軽量化技術とハンドリング性能に定評あるロータスの知見が、注ぎ込まれたクルマになる可能性も考えられます。

ネガティブな見方をすれば、スマートを購入する人にとって魅力の1つでもあった「小さくてもベンツ」感は薄れ、中国製ということに一抹の不安を(少なくとも実際の製品を見るまでは)覚える人もいるかもしれません。なお、ダイムラーは中国の北京汽車とも合弁会社を設立し、メルセデス・ベンツの乗用車を現地生産しています。

Smart

現行モデルのスマートはこれまで通り、2人乗りの「フォーツー」は初代から続くフランス・ハンバッハ工場で、4人乗りの「フォーフォー」は共同で開発されたルノーの「トゥインゴ」と一緒にスロベニアのノヴォ・メスト工場で、2022年まで生産が続けられます。

なお、スマートの生産を終えるダイムラーのハンバッハ工場は、メルセデス・ベンツが5億ユーロ(約622億円)を投資し、将来的にはメルセデスの電気自動車ブランド「EQ」から登場する小型車の生産を「経験と意欲のあるスマートの従業員達が」行うことになっているそうです。

Daimler

将来はBセグメントも

この新たなジョイント・ベンチャーには、ダイムラーと吉利の幹部が3人ずつ、計6名の取締役に就任し、今年末までに最終的な決定がなされるとのこと。

両グループが力を合わせ、将来的にはスマートを「プレミアムな電気自動車のリーダー」にするという計画には、従来のスマートより大きなBセグメント(ヴィッツやノートやデミオなどのクラス)のモデルを投入し、ラインアップを拡大していくことも含まれるそうです。

吉利はスマートのブランド力とデザインを手に入れ、ダイムラーは肩の荷を半分降ろすとともに、今後ますます重要度を増していく中国におけるビジネス展開の新たな手掛かりを得るということになるのでしょう。とりあえず、エンジンで走る欧州製のスマートが欲しい人は、なるべく早めに手に入れておきましょう。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

134シェア
47
87
0

Sponsored Contents