Sponsored Contents

gamingの最新記事

Image credit:
Save

iPad miniとiPad Airの商標が「ハンドヘルドゲーム機」に拡大申請。Apple Arcadeへの布石?

新型iPod touchはどうなったんでしょう

Kiyoshi Tane
2019年4月1日, 午後12:00 in gaming
52シェア
8
44
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

Apple

アップルが先日発売したiPad mini(第5世代)とiPad Air(第3世代)につき、商標適用範囲を「ハンドヘルドゲーム機」まで拡大するよう出願したことが明らかとなりました。

米国特許商標庁(USPTO)は、「iPad mini」と「iPad Air」の商標クラスが更新されたことを発表。これまでの国際クラス021、023、026、036、および038に、クラス028(ハンドヘルドゲーム機)が加えられた形となっています。
アップルの特許に詳しい情報サイトPatently Appleによると、従来は両デバイスの商標がカバーする範囲は以下の通りだったとのこと。

「タブレットコンピュータ、電子書籍および定期刊行物リーダー、デジタルオーディオおよびビデオプレーヤ、カメラ、電子パーソナルオーガナイザ、携帯情報端末、電子カレンダー、ならびにマッピングおよび全地球測位システム(GPS)デバイスを備えるハンドヘルドモバイルデジタル電子デバイス。インターネットへのアクセスを提供し、メッセージやその他のデータを送信、受信、保存する」


そして商標更新後は、iPad miniとiPad Airともに下記のクラス028が追加されています。

「ビデオゲームをプレイするためのハンドヘルドコンソール、電子ゲームをプレイするためのハンドヘルドユニット、ハンドヘルドゲームコンソール」

game
さらにアップルがUSPTOに提出した、iPad miniおよびiPad Air概要ページのスクリーンショットは次のようなもの。それぞれ「ゲーム専用機レベルのグラフィックを備えたゲームに没入できる」「ゲームとアプリのための超高速なグラフィック」といった、ゲームに言及したテキストが確認できます。

game
game

今月26日の「It's Showtime」イベントでは定額制のゲーム遊び放題サービス「Apple Arcade」が発表されましたが、Appleが本格的にゲーム専用機メーカーと激突する決意とも思われます。

また、今年1月末にも「iPod touch」の商標についても同様に「ゲーム機」への登録範囲の拡大が申請されていたことが明らかとなっています。そこから新型iPod touchがスペシャルイベント直前に登場すると推測されていましたが、結局はナシ。この秋にApple Arcadeが正式スタートする前後に、なんらかの動きがあるのかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

52シェア
8
44
0

Sponsored Contents