Sponsored Contents

SmartHomeの最新記事

Image credit:
Save

スマートホーム市場は2019年に27%の成長。今後Appleが伸びてくるとも(IDC予測)

日本ではなかなか普及しません

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年4月1日, 午後03:30 in SmartHome
25シェア
0
25
0
0

連載

注目記事


AmazonのEchoデバイスやGoogleのGoogle Home、それ以外にも数多くのIoT・スマートホーム製品が世に出ていますが、日本ではいまひとつ普及が進んでいる印象はありません。しかし、世界的には拡大傾向が続いているようです。

市場調査会社のIDCが、2019年のスマートホーム製品出荷台数は全世界で8億3270万台に達し、前年比26.9%増になるとの予測を発表しました。

スマートホームデバイスとしては、ホームモニタリング/セキュリティや照明関連、スマートスピーカーも含まれており、中でもビデオエンターテイメントがマーケットシェア43%を獲得するとの予測です。これはFire TVやChromecast、Apple TVなどのことだと考えられます。

また、市場を支配しているのは基本的にAmazonとGoogleの2社ですが、Appleが今後数年で勢いを増すとも予想しています。iOSやmacOSデバイスの人気から、多くの消費者をエコステムに取り込むだろうとのこと。

IDC Smarthome

IDCのリサーチマネージャーJitesh Ubrani氏は、2018年は新規顧客の獲得を目的としていたものの、2019年にはより統合的な体験を提供するため、多くのデバイスとの接続が進むと指摘します。

つまり、すでに十分な普及が進み、次のステージに移行するとのと予測ですが、冒頭に書いた通り、日本ではさほど普及していない印象があります。実際のところ、昨年末に行われたスマートスピーカーに関する調査では、日本での普及率は6%ほど。対して、米国では成人への普及率は26.2%に達しているとのことです。


ただ日本ではApple製品の人気が根強いだけに、Appleがスマートホームに本腰を入れてくると、一気に普及する可能性もありそうです。




夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: 9to5Mac
Source: IDC
関連キーワード: av, idc, internet, IOT, SmartHome, smartspeaker
25シェア
0
25
0
0

Sponsored Contents