Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Gmailに予約送信機能がようやく追加。深夜に書いたメールを明日の朝に送信が可能に

Smart Compose機能は日本語非対応

Kiyoshi Tane
2019年4月2日, 午後12:20 in google
566シェア
0
566
0
0

連載

注目記事


Google

Googleは4月1日(米現地時間)、Gmail15周年を記念するとともに、予約送信機能の追加を発表しました。メール送信の際にオプションが表示され、日時を予約できるようになります。

書いたメールをすぐに送信せずに指定した未来の時間に自動送信する機能は、多くのユーザーから長らく待望されていたもの。サードパーティ製ソフトやChrome拡張の力を借りていた機能が、ようやくGmail単体で実現できます。

本機能は順次、ロールアウト中。利用可能となったGmailでは、新規メール作成ウィンドウの[送信]ボタンの横に矢印が追加されており、これをクリックすると[Schedule Send]オプションが出現。ここで未来の日時を設定すると、送信予約できます。
gmail
忘れないうちにメールをすぐに書いておきたい、しかし勤務時間外の深夜に相手をたたき起こしたくないという苦悩はありがちでしたが、ようやく気兼ねなしにメールを送信できそうです。

また、「ユーザーが書いている文章の続きをAIが勝手に考えてくれる」機能ことSmart Compose機能も、Google純正スマートフォンPixelシリーズ以外のAndroidデバイス(iOS向けにもまもなく)にも開放されるとのこと。こちらは英語のほかフランス語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語が対象とされ、日本語はサポート外となっています。

その一方では、4月2日(米現地時間)に同社のメールアプリ「Inbox」が終了。Googleの実験的プロジェクトが数年で打ち切られるのは恒例行事ですが、その機能の一部はGmailへの移行がテスト中と報じられていました。Googleの様々な試みは、いずれはGmailに吸収されて一本化していくのかもしれません。




無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Google
関連キーワード: cloud, gmail, google, inbox, internet, mail
566シェア
0
566
0
0

Sponsored Contents