Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップル、中国でのiPhoneやiPad等を値下げ。減税に乗じて安さをアピール?

日本では逆に10月から消費増税

Kiyoshi Tane
2019年4月2日, 午後04:00 in apple
19シェア
0
19
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
Reuters/Kim Kyung-Hoon

アップルの中国向けオンラインストアにて、iPhoneやiPad、MacやAirPodsといった主要製品が値下げされていると報じられています。

たとえばiPhone XR(64GB)の価格は6199元で、3月29日時点の6499元から4.6%もの引き下げ。iPhone XS(64GB)は8699元から8199元とされ、約6%もの値下げが確認されています。

中国メディアのCaixinによると、この値下げは中国政府の税制改革で、製造業の付加価値税(VAT)が16%から13%への引き下げに対応したものとのこと。

しかし、減税は3%に対して値下げ幅は4.6%~6%もの額となっています。米アップル関連情報サイト9to5Macは「価格がきれいに99で終わるように丸めた結果」と分析していますが、それ以上の意図がありそうです。

アップルは2019年初頭に中国でのiPhone販売不振が業績下方修正の主な要因であると説明した後、中国現地での値下げを実施。さらに3月に入ってから、オンライン販売業者が2度目の値下げをしたと報じられていました。

iPhoneの中国での販売落ち込みを、ティム・クックCEOは米中貿易摩擦による緊張の高まりと、中国経済の減速によるものと述べていました。うち前者については、トランプ大統領に「対中関税が嫌ならアメリカ国内に工場を作れ」と言われながらも懸命に働きかけ、ついには「本当にありがとう、ティムアップル」と呼ばれる良好な関係を築いています。

そして中国経済の減速に対応して打ち出されたのが、中国政府によるVAT減税。アップルによる今回の値下げは、減税に乗じて自社の利益率と収益性への影響を最小限に抑えつつ、中国ユーザーに低価格をアピールする賢いやり方かもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: 9to5Mac
Source: CNBC
関連キーワード: apple, china, economy, ipad, iphone, mac, tax
19シェア
0
19
0
0

Sponsored Contents