Sponsored Contents

bluetoothの最新記事

Image credit:
Save

レトロな木製ワイヤレスキーボード「AZIO Retro Classic Keyboard」

キーボードスタンドも付属

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年4月4日, 午前11:40 in Bluetooth
45シェア
0
45
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


デザインと音などにこだわったキーボード「AZIO Retro Classic Keyboard」がクラウドファンディングサイト「Kibidango」にて5月7日までプロジェクトを実施しています。目標金額は100万円で50台限定価格は2万7980円(税・送料込み)です。

素材には天然の木材とメタリックホイールを使い、高級感を醸し出しているとのこと。タイプ音は本物のタイプライターの音をイメージして研究したといいます。LEDバックライトも搭載し、暗い場所でも美しく光るようにデザインしたとのこと。

AZIO Retro Classic Keyboard

使いやすさにもこだわったといい、人間工学に基づいて作られたキーボードスタンドが同梱されています。長時間タイピングしても疲れないように、適切な姿勢を保てる高さに設計されていることもポイントです。

バッテリー持ちも長く、バックライトがオフの状態で約9ヶ月間も使えます。バックライトがオンの状態でも輝度に応じて約1〜2ヶ月ほど使えます。バッテリー容量は5000mAhです。

AZIO Retro Classic Keyboard

MacとWindowsのキーボードレイアウトも異なりますが、本機では両OSに対応した26個のキーキャップが同梱されています。各OSに合わせてキーキャップを交換できます。接続はBluetoothとUSBの両方に対応。

クラシカルなデザインに懐かしさを感じさせるキーボードですが、OSや接続でも戸惑うことなく使えそうですね。音にもこだわっているということなので、癖になるような打鍵感も味わえそうです。一風変わったキーボードが欲しい人はチェックしてみてください。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

45シェア
0
45
0
0

Sponsored Contents