Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

HUAWEI P30 Proでパリを激写! カメラはスゴイけどズーム操作と夜間撮影の仕上がりが……(すずまり)

写真発祥の地であり、熟女の聖地(?)でもあるパリで

すずまり
2019年4月3日, 午後03:50
117シェア
78
39,"likes":41
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

3月26日、パリにてHUAWEIの新製品発表会が開催され、期待の新スマートフォン「HUAWEI P30/ P30 Pro」が発表されました。詳細は以下の記事を参照してください。
実は今回、このワタクシも現地におりました。発表会開催後P30 Proの評価機をお借りできたので、これでもかとパリの街並みや人を撮ってみました。評価用の作例というよりは、P9時代からHUAWEIスマホを触ってきた1ユーザーとして、AI機能だけでなく、味付けそのものも楽しみながらの作例をお届けしたいと思います。


カフェでP30 Proを見る筆者

まずP30 Proの機能をざっくりおさらいしてみましょう。

6.47型有機ELディスプレイをそなえており、サイズは約73.4×158×8.41mm、重さ約192g。CPUはKirin 980(オクタコア)、メモリは最大8GB、ストレージは最大512GB、バッテリーは4200mAh。カメラのセンサーサイズは1/1.7インチで、メインカメラは40メガ(F1.6)+20メガ(F2.2)+8メガ(F3.4)+ToF。光学5倍望遠レンズとデジタルズームを組み合わせた「10倍ハイブリッドズーム」が可能なほか、なんと50倍のデジタルズームもサポート。さらにISO409600という脅威の明るさを誇っています。

発表会のプレゼンテーションのほとんどを占めていたのはカメラ機能の説明というこれまで以上に超カメラ推しなスマートフォンです。ライカのラの字もでてこなかったのは意外でしたが、今回もしっかりライカ社製です。

ズーム操作とホワイトバランスに不満あれど、写りには満足!

P30 Proで撮影にでかけて「カメラとしてステキ! 」と「ここが使いにくい! 」と痛烈に思うところがそれぞれありました。

発表会後のパーティにて
特に今回推しの光学ズームは、写りはいいけど操作しにくいという点が大きな印象に残っています。「写真モード」では、1倍 5倍 10倍 広角 の順に切り替わり、その中間はピンチ操作やスライダーで調整します。 「アパーチャ」と「ポートレート」は1倍 2倍 3倍と変化するのですが、なぜか写真だけいきなり1倍から5倍になります。料理などのテーブルフォトを撮りたいときは2倍付近でシャッターを切ることが多いのでとても不便です。

料理は不便でしたが、道を挟んだ向こう側のカフェを撮りたいというときはいきなり5倍が役立ちました。屋外向きってことなんでしょうか。

エッフェル塔を広角で撮影
▲広角

エッフェル塔を1倍で撮影
▲1倍

エッフェル塔を5倍ズームにしてみた
▲5倍ズーム

エッフェル塔を10倍ズームにしてみた
▲10倍ハイブリッドズーム。傾いているのはスクリーンショットを撮った影響です

私はふだん広角を使うことはほとんどないのですが、旅行の場合は景色全体を撮りたいことも多く、便利に使わせてもらいました。ただすぐに広角にしたいとき、ズームのスライダーを下に思い切り下げてから撮影するのが手間でした。ワンタップで切り替えられたらいいのにと思うこと多し。

P30 Proで撮影したパリの風景
▲セーヌ河

夜の路地裏。ワインの看板が

とまあズーム操作の使い勝手は自分にしっくり来ていないのですが、ときにアパーチャも使って奥行き感を楽しみながら、自由な設定で撮影しました。

やっぱりフィルムモードはいいですね。個人的にはAIに任せるとドライな絵になる気がするので、濃いフィルムモードを使った方が、しっとり感が演出できて好きです。最終的に撮ったままの状態でアップすることはないのですが、ほとんど理想に近い状態で残せるのでありがたいです。ただ、夜間撮影時は、被写体によっては全体的に白くなってしまう傾向にあるようです。暖色系の温かい光が全部なくなってしまうので、調整していただきたいところです。

夜ですが普通に撮影してこの写り
▲夜ですが、この写り!

樽のテーブルを5倍ズームで撮ってみました
▲樽のテーブルを5倍ズームで撮ってみました

アプリをほとんど入れていなかったこともありますが、バッテリー持ちもかなりよく、撮影しっぱなしの状態でも半日以上は持ちました。

せっかく写真発祥の地フランス、熟女の聖地パリまで来たので、パリマダムのファッションなども撮りまくりたかったのですが、さすがにそこまでは時間がありませんでした。次回機会があれば、テーマをもうけて撮ってみたいですね。

通りすがりのワイルドなマダムを撮影
▲通りすがりのワイルドなマダムを

ちなみにP30 Proは暗いシーンに強いのですが、帰りは機内食を撮るのにも威力を発揮していましたことを添えておきます。

ポートレートモードでのセルフィー。あまり盛らずに自然に整えてくれるようです
▲ポートレートモードでのセルフィー。あまり盛らずに自然に整えてくれるようです

ポートレートもエッジの検出精度があがった感じ! モデル:富永彩乃
▲ポートレートもエッジの検出精度があがった感じ! モデル:富永彩乃

Gallery: HUAWEI P30 Proパリ作例 | 21 Photos

21







広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

117シェア
78
39,"likes":41
0

Sponsored Contents