Sponsored Contents

ipadの最新記事

Image credit:
Save

「iPad Air」vs.「iPad mini」実機比較、買うならどっち?(ジャイアン鈴木)

個人的に購入したのは……

ジャイアン鈴木, @giansuzuki
2019年4月3日, 午後04:50 in ipad
49シェア
0
49
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
3月末日、10.5型の「iPad Air(2019)」、7.9型の「iPad mini(2019)」という2台の新iPadが発売されました。今回はどちらを買おうか悩んでいる方のために両者の実機比較レビューをお届けいたします。なお記事中、iPad miniが白くなったり黒くなったりしますが気にしないでください。理由は記事最後にわかります。


iPad AirとiPad miniのスペックは単体で見るとほぼ同じ

まずは基本スペックから。iPad AirとiPad miniのスペックは単体だけで見ると非常に似通っています。プロセッサーはどちらもNeural Engineを搭載した「A12 Bionic」を採用し、ストレージは64GBまたは256GBを実装。画面は輝度500ニト/色域P3/True Tone対応のRetinaディスプレイを搭載し、生体認証システムには指紋認証センサー一体型ホームボタンの「Touch ID」が採用されています。カメラはリア800万画素(F値2.4)、フロント700万画素(F値2.2)を搭載。ここまではまったく同じですね。

Engadget
▲アップルの製品公式サイトから転載。左から11インチiPad Pro、iPad Air、iPad miniの基本スペックです

Engadget
▲念のためベンチマーク「Geekbench 4」を走らせましたが、iPad Airが11450、iPad miniが11446と誤差レベルの違いしかありませんでした

Engadget
▲ディスプレイのスペックはサイズ以外はまったく同じ。液晶パネルの製造メーカーが異なる可能性はありますが、並べて眺めても違いは見受けられません

Engadget
▲iPad Airで撮影/イメージ情報: 3264x2448 (Jpeg,YUV,ICC profile)、焦点距離: 3.30mm (35mm換算焦点距離: 31mm)、シャッタースピード: 0.000515s (1/1942)、F値: f/2.4、ISO感度: 25、露出モード: Program (auto)、測光方式: Spot

Engadget
▲iPad miniで撮影/イメージ情報: 3264x2448 (Jpeg,YUV,ICC profile)、焦点距離: 3.30mm (35mm換算焦点距離: 31mm)、シャッタースピード: 0.000540s (1/1852)、F値: f/2.4、ISO感度: 25、露出モード: Program (auto)、測光方式: Spot

iPad miniがSmart Keyboard非対応なのは残念!

iPad AirとiPad miniの最大の違いはSmart Keyboardに対応しているかどうか。iPad AirにはSmart Keyboardと接続するための金属接点「Smart Connector」が用意されていますが、iPad miniには存在しません。というわけでiPad miniではSmart Keyboardは使えないわけです。多少コストが上がったとしても、iPad miniにもSmart Connectorを搭載してほしかったですね。

Engadget
▲上がiPad mini、下がiPad Air。Smart Keyboardと接続するためのSmart ConnectorはiPad miniには用意されていません

Engadget
▲Smart Keyboardが用意されるiPad Airは2 in 1 PC的に使えます

Engadget
▲iPad miniでもBluetoothキーボードは利用可能ですが、スタンドだと安定感はイマイチですね。なおiPad mini 4用に発売されていたサードパーティー製キーボードカバーは、2019年モデルのiPad miniでは使えないのでご注意ください

画面の広いiPad Airのほうが絵は描きやすいです

お絵描きタブレットとしてはやはり画面の面積が広いぶんiPad Airのほうが操作性はよいです。ただこれは絵心のないワタシの感想です。イラストレーターさん、漫画家さんは意外とこのぐらいのサイズ違いなら、すぐに慣れるのかもしれません。「えんがちょnote」を連載されている鈴木みそ先生のご意見をぜひ伺いたいところです。

Engadget
▲この絵(絵?)はiPad Airで描いたもの

出先では携帯性が優れるiPad miniでラフを描いて、落ち着ける場所で画面の大きなiPad Airで作業を続けるというのもよいかも。なお筆圧感知機能はないですが、複数のiPadで交互に書けるロジクールの「Crayon」は汎用性という点でオススメ。iPad Proでも使えました。

「ひらくPCバッグnano」のインナーポケットにiPad Airはジャストサイズ

サイズ/重量は、iPad Airが250.6×174.1×6.1mm/456g(Wi-Fiモデル)・464g(Cellularモデル)、iPad miniが203.2×134.8×6.1mm/300.5g(Wi-Fiモデル)・308.2g(Cellularモデル)。この領域になると重量差はあまり問題になりませんが、携帯性は当然iPad miniに軍配が上がります。

たとえば筆者の手持ちのバッグで言うと、「ひらくPCバッグnano」のインナーポケットにiPad Air本体はジャストサイズですが、Smart Keyboardを装着している状態では少し出し入れに手間取ります。iPad miniなら大ぶりなケースを装着していても、インナーポケットにスムーズに入ります。

とは言え携帯性についてはユーザーの手のサイズ、使っているバッグによって変わってくるので、Apple Storeや量販店などで実際に手に持ったり、店員さんに断ってバッグに入れたりなどして試してみてください。

Engadget
▲iPad Air(左)、iPad mini(右)。手の大きいワタシはiPad miniなら鷲掴みにできます

Engadget
▲実測重量はiPad Airが459.5g、iPad miniが304.5g(両方ともCellularモデル)。どちらもケースを装着するのがもったいないぐらい軽いです

Engadget
▲Smart Keyboardを装着したiPad Airを「ひらくPCバッグnano」に入れると、こんな感じです。インナーポケットにも入らないことはないのですが、出し入れにちょっと手間取ります

ワタシはiPad miniを買ったけど、1台持ちならiPad Airがオススメ

さて、iPad mini、iPad Airのどちらを買うべきかという問いに対する答えですが、iPadを1台持ちするならiPad Airを強くオススメします。やはり使い勝手という点ではSmart Keyboardを使えないのは大きなマイナスです。iPad miniでもBluetoothキーボードなら使えます。しかし、充電の必要がなく、バッテリーを搭載していないぶん軽いSmart Keyboardより、トータルバランスのよいBluetoothキーボードは存在しないと思います。打鍵感のよいBluetoothキーボードはたっくさんありますけども。

しかし、ワタシはiPad miniを購入しました。理由は単純で、iPhone XS Maxと12.9インチiPad Proを持っているからです。同じような方には、7.9インチのiPad miniは中間をいい感じに埋めるデバイスになりうると思います。

現在iPadシリーズは、7.9型(iPad mini)、9.7型(iPad)、10.5型(iPad Air)、11型(iPad Pro)、12.9型(iPad Pro)と5つのラインナップがあり、すべてのデバイスでApple Pencilを使用可能です。

シリーズ全体のオススメデバイスについても触れておくと、文書作成の機会が多いのならSmart Keyboardを使えるiPad Air、iPad Proがよいですが、テキスト入力しないなら単純にディスプレイサイズと予算で決めてしまってもよいかと思います。

ただし、可能な限りCellularモデルを選びましょう。個人的にはWi-Fi版のiPad Air(256GB、7万1800円)を買うなら、Cellular版のiPad(128GB、6万3800円)を購入します。屋外、屋内問わずネットワークをシームレスに活用できる利便性は、プロセッサーの処理性能以上にユーザー体験を変えます。インターネット環境のない両親にプレゼントするタブレット端末としてもCellular版iPadは最適ですよ。

Engadget
▲iPhone XS Maxと12.9インチiPad Proを所有している筆者はiPad miniを買いました

一般的にはSmart Keyboardの使えるiPad Airがオススメです。もちろんSmart Keyboarの打鍵感が好みでなく、サードパーティーのBluetoothキーボードを使うのが前提であればディスプレイサイズと予算で選ぶのもいでしょう。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, Gadgetry, ios, ipad, ipad air, ipad mini, tablet
49シェア
0
49
0
0

Sponsored Contents