Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップル、完全ワイヤレスイヤホンPowerbeats Pro発表。2万4800円で5月発売予定

防水性能が強化されて4色のカラバリあり

Kiyoshi Tane
2019年4月4日, 午後12:00 in apple
339シェア
70
269
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

Apple

アップルは4月3日(米現地時間)、Beatsブランドの完全ワイヤレスイヤホンPowerbeats Proを発表しました。日本での価格は2万4800円(税別)、発売は5月。アップルのオンラインストアおよび小売店で販売される予定です。

Powerbeats Proは、ワイヤレススポーツイヤホンPowerbeatsシリーズ初の完全コードフリー版。これまで2つのイヤーパッドを繋いでいたケーブルがなくなり、AirPodsのように左右完全独立型となった製品です。

本製品は先日から噂が流れており、米CNETは4月に発売と予測。続いてiOS 12.2の解析結果から画像およびアニメーションが発見されており、ようやく正式発表となったしだいです。

ワークアウト用に設計されたPowerbeatsシリーズの例にならい、新製品のPowerbeats Proでも耐汗・防沫性を強化。左右のイヤーパッドはそれぞれ最長9時間の再生が可能で、トレーニングやスポーツのお供としてのスタミナも備えています。

コントローラーは第2世代AirPodsと同じくApple H1チップを搭載。音声呼び出しの「Hey,Siri」にも対応し、セットアップもAirPods同様にケースを開けてiPhoneに近づけるだけの手軽さとされています。
powerbeats
そして充電ケースを使用した場合は24時間以上の運用も可能。ただしケースはワイヤレス充電対応ではなく、Lightning - USB-A充電ケーブルから給電を行います。
powerbeats
さて、こうした数々の要素のなかで「AirPodsになかったもの」として注目されるのが、1つには前述した耐汗・防沫性、すなわち防水性能の強化。2つ目は、4つのサイズから選べるイヤーチップの同梱です。

そして3つ目は、4色の本体カラーが用意されていること。アイボリー、モス、ネイビー、ブラックの4種類があり、現時点では白のみのAirPodsと大きな差別化となっています。

定価は第2世代AirPods+ワイヤレス充電ケース(2万2800円+税)よりも少しお高めですが、音楽を聴きながらランニングを習慣にしている方や、汗をかきやすい方、またワイヤレスイヤホンは耳から滑り落ちやすい不安がある方、そして「耳からうどん」から気分転換したい人などには、魅力的な選択肢となりそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

339シェア
70
269
0

Sponsored Contents