Sponsored Contents

CrowdFundingの最新記事

Image credit:
Save

聞こえづらいを解消してくれる聴覚サポートBTイヤホン『BHearing(ビー・ヒアリング)』(5/12まで)

GREEN FUNDINGとのコラボ特集です

GREEN FUNDING with Engadget Staff
2019年4月5日, 午後05:00 in Crowdfunding
35シェア
0
10
0
25

GREEN FUNDINGとエンガジェット日本版の気になるクラファンガジェットまとめ

この記事はGREEN FUNDINGとエンガジェットのコラボ企画です。プロジェクトを支援いただくとエンガジェットにプロモーション費が入ることがあります。
         

人気のガジェット

Nespressoカプセルも使える携帯型電動エスプレッソマシン



 

コンセントもUSBもこれ1つで給電可能



 

わずか9センチの超薄型バックパック


 
 

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View

GREEN FUNDINでこのプロジェクトを支援する

『スマートフォンなどで大音量の音楽を聴くことで世界中の若年層のほぼ半数、11億人が難聴のリスクを負っている』

今年WHO(世界保健機関)が発表したこの驚くべきレポートに、日本をはじめ世界中が大きなショックを受けたことは記憶に新しいかと思います。

耳は消耗品と言われ、今や聴こえは年齢層を問わない問題になっています。最近声が聞き取りづらい、日々大きな音に晒され耳が聞こえにくくなっている、けど補聴器には抵抗がある......そんな方に、スタイリッシュかつ快適な使い勝手のBHearingをお薦めします。

□PSAP(パーソナル・サウンド・アンプリファイア・ヘッドホン)- BHearingのご紹介

Bhearingは、一人ひとりに合わせた最適なチューニングが可能なイヤホンです。専用アプリを使って測定とチューニングを行い、Bluetoothワイヤレスイヤホンにしか見えないルックスながら手軽に、かつ効果的なサポートを行います。ノイズリダクションも勿論対応、集中したいときや大音量による耳のダメージも防ぎます。

※BHearingは医療用認定を受けた『補聴器』ではありません。

CES2019におけるユーザーのBHearingへの反応

BHearingの開発元、Jabeesは今年1月上旬にアメリカのラスベガスで行われた世界最大の家電見本市『CES2019』に出展しました。その際のユーザーの反応をぜひ動画でご確認ください。

□主な機能のご紹介

≪アプリを使ってパーソナライズ・シーンに合わせたモード切替≫

BHearingは専用アプリ(iOS,Android対応、無料)と連動します。アプリはBluetoothにペアリング後に

1. ユーザーのヒアリングプロファイル(マニュアル測定、もしくは顔写真から推定年齢をAI判定し自動設定)

2. プロファイル確定後、ユーザーをアプリ内で登録

3. 個々のプロファイルに合わせた設定を各モードに反映

という簡単なステップで使用開始できます! モードは『一般・飲食店・交通・屋外』の4つを備え、生活シーンに合わせて切り替えることでより最適な聴こえを実現します。

※専用アプリは日本語版をお届けまでにリリース予定です!

≪アクティブ・ノイズ・リダクション機能≫

この機能はただ音を遮断するのではなく、必要な音だけを拾い不要な騒音を遮断します。各モードのアイコンを2秒長押しすればマニュアル設定にアクセスでき、ご自身でon/offと詳細な設定が可能です。

また、32ものバンド(帯域)を手動でも設定可能。よりご自身にとって快適な聴こえの設定を行えます。

≪大切な耳を守るINR機能≫

何かの破裂音など、突発的な大音量は耳に大きなダメージを与えます。INR機能をオンにすればこのような突然の大音量も自動的に抑制します。

≪快適な装着感・自然なスタイル≫

□あなたの聴こえをサポートする技術

BHearingは特に「会話の明瞭な聞き取り」を目的に設計されています。独自エンジンを介し、ソフトウェアとハードウェア双方で最適な環境をご提供いたします。

BHearingは日常生活において「聞き取り辛さ」を感じてはいるが補聴器を導入するまでは......という方にお薦めしております。

≪仕様詳細≫

* マイクロチップ社のプレミアムBluetooth DSPチップ
* ヘッドフォン:聴覚を高め、通話や音楽鑑賞も可能
* 2台のスマホに同時に接続するマルチポイント
* 自動ゲインコントロール(AGC)を内蔵した、忠実度の高い音質
* 防汗ナノコーティング(IPX4)
* 最大OSPL(出力音圧レベル):116dB
* 平均フルオンゲイン:40dB
* 等価入力ノイズ(EIN):16.9dB
* AFC(Adaptive Feedback Cancellation):ハウリング抑制のためのアルゴリズムを適用
* MFA(ミリ秒周波数調整):20Hzから20,000Hzまでの高品位音声を検出および分析し、高周波の子音を識別して、最小限の歪みと最大限の明瞭さでリアルタイムに処理
* 32レベルEQ調整:補聴器、音楽、電話に適用できます。

≪お届け内容≫

□店頭でのお試し実施予定について

キャンペーン実施期間中に、実際にアプリと本機を店頭でお試し頂けるよう開発元と現在調整中です。

こちらは認証等が完了し、準備が整いましたら改めてご案内させていただきます。

□プロジェクト実行者のご紹介

≪開発会社 jabeesについて≫

Jabeesは2011年に誕生しました。名前の由来は私たちの願いを表しています。『J』は喜び(JOY)=私たちの製品がお客様にもたらすもの。そして『Bees』はお客様や関係会社、株主への約束と夢を叶えるため蜜蜂の様に働く事。それは同時に地球上で最高のパーソナルリスニングデバイスを提供することでもあります。当社は現在40か国以上で法人登録されており、日常の問題を解決する製品を世界中のお客様に提供しています。またISO9001/2000の認証を取得しており自社の研究開発におけるあらゆる事象を適正に管理しています。Bluetoothおよびオーディオの分野で14年の経験を持つ当社には、人々を笑顔にするデバイスを提供するための最高の知識、専門性、設備が揃っています。

≪起案者(株)TMネットワークについて≫

株式会社TMネットワークは、「卸でデザインする会社」です。イヤホン・ヘッドホンを中心としたエンターテイメントを楽しむ商品の卸売事業をはじめ、ポタフェスやe☆イヤ本の発行などのイベント企画・運営、メディア・㏚事業や、コラボレーション商品開発などを行っています。今回はRAKUNEW事業部がJabees社の代理店として、日本におけるプロジェクトの進行と支援者様のサポートを行って参ります。

GREEN FUNDINでこのプロジェクトを支援する




CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
関連キーワード: CrowdFunding, greengadget, headphones, hearingaid
35シェア
0
10
0
25

Sponsored Contents