Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

4月7日のできごとは「VAIO Phone A 発売」「どこでも日本ホットラインサービス 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年4月7日, 午前05:30 in today
16シェア
3
13,"likes":2
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

2017年:安曇野FINISHのスマホに待望のAndoroid版が登場「VAIO Phone A」

today
日本通信から出た残念なVAIO Phoneの汚名返上とばかりに登場したのが、「VAIO Phone Biz」。スペックはミドルクラスに近いものとなっていたものの、アルミ削り出しのボディなど、VAIOならではの高い品質と信頼性を備えたスマホとして生まれ変わりました。ただし、OSはWindows 10 Mobileを採用しており、この点がやや使いにくいポイントとなっていました。

そのVAIO Phone Bizをほぼそのままに、OSをAndroidに変更して再登場したのが「VAIO Phone A」です。Snapdragon 617、メモリー3GBといったスペック面はそのままですが、DSDS対応、ドコモのVoLTE対応など使い勝手は向上しました。なにより、Androidスマホ用のアプリが動作するというのが強いです。価格は2万4800円とかなり安めで、やや古めのスペックを差し引いても十分魅力的でした。

この後、VAIO Phoneがシリーズ化するのかと思いきやそんなことはなく、現状、このボディを採用したOS違いの2製品だけになっています。VAIOのイメージ回復のためだけに企画されたスマホだったのでは......などと考えてしまいますね。

2016年:外出先の回線を自宅からのアクセスと同様にできるお手軽VPN「どこでも日本ホットラインサービス」

today
インターネット経由で自宅のLANなどへ接続できるVPN。知識のある人であれば自力で構築できますが、そうでない人でも手軽に利用できるようにしてくれたのが、プラネックスの「どこでも日本ホットラインサービス」です。

専用の親機と子機のセットで、親機を自宅に、子機を外出先のLANへと接続するだけで、VPNが使えるようになるという大変簡単で分かりやすいもの。海外からの接続が拒否されるサービスを海外出張中に使いたい場合や、データの安全性に疑問のある回線でセキュリティを高めたい場合などに活躍してくれます。ただし、国によってはVPNの利用を禁止していたりするので、利用する国や場所には注意したいところ。

価格は2年間の接続サービス料込みで1万9800円(税抜)。3年目からは、年3600円のサービス料がかかります。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: planex, planex communications, today, vaio, vaio phone
16シェア
3
13,"likes":2
0

Sponsored Contents