Sponsored Contents

iphone tipsの最新記事

Image credit:
Save

覚えておきたい英字入力の便利テクニック:iPhone Tips

スペルがわからなくても大丈夫

21シェア
0
21
0
0

連載

注目記事


日本語入力が多い私達にとって英字入力は、意外と不便を感じることが多いですよね。そこで今回は、英字入力時に便利なテクニックを紹介します。覚えておけばイラっとすることが少なくなりますよ。

Gallery: alphanumetic | 8 Photos

8

大文字を連続で入力する

シフトキー「↑」をタップすれば大文字の入力ができますが、2文字目以降は小文字に戻ってしまいます。大文字を連続で入力するには、「設定」から「一般」、「キーボード」と進み、「Caps Lockの使用」をオンにしましょう。

iPhone Tips
▲「設定」から「一般」を開き、「キーボード」へ(左)。「Caps Lockの使用」をオンにします(右)

シフトキー「↑」をダブルタップすると、大文字入力に固定され、連続で大文字を入力できるようになります。再度シフトキーをタップすると、小文字入力に戻ります。

iPhone Tips
▲シフトキー「↑」をダブルタップ(左)。大文字入力に固定され、2文字目以降も大文字で入力できるようになります(右)

ピリオドはスペースキーのダブルタップで入力する

「ピリオド」キーは数字キーボードに搭載されていますが、いちいち切り替えるのは面倒です。スペースキーをダブルタップして入力するように設定すれば、よりスピーディに英文を入力できます。

iPhone Tips
▲「設定」から「一般」、 「キーボード」と進み、「ピリオドの簡易入力」をオンにします

文章を入力したら、スペースキーをダブルタップ。ピリオドの後のスペースも合わせて入力できます。

iPhone Tips
▲文章を入力したら、スペースキーをダブルタップ(左)。ピリオドと、その後ろのスペースが入力されます(右)

スペルがわからないときは日本語入力を試してみる

英単語のスペルがわからないときは、一般的な発音を日本語キーボードで入力してみましょう。日本語で表記しやすい発音の英単語であれば、変換できることがあります。同じ発音の単語がある場合は、複数の英単語が変換候補に表示されます。

iPhone Tips
▲「こんせんとれーしょん」と入力すると、変換候補欄に「concentration」と表示されました(左)。同じ読み方の場合は、複数の候補が表示されます(右)

「?」「!」を逆さまに入力する

「?(クエスチョンマーク)」と「!(エクスクラメーションマーク)」は、ロングタップすると、上下逆さまになったものを選択できます。英語ではなくスペイン語で使われる表記ですが、覚えておくといつか役に立つかも¿

iPhone Tips
▲英字キーボードで「?」をロングタップ(左)。逆さまの「¿」が現れます(右)

他にも、「¥」をロングタップすると、「$(ドル)」や「€(ユーロ)」などの通貨単位記号を選べます。

iPhone Tips
▲「¥」をロングタップ(左)。「$」「€」「£(ポンド)」「₩(ウォン)」などが表示されます(右)




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

21シェア
0
21
0
0

Sponsored Contents