Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

幻のMac電話ことW.A.L.Tの実機操作動画。中味はPowerBook 100でスタイラス対応

MacBook Proもスタイラス対応にして欲しい

Kiyoshi Tane
2019年4月10日, 午後12:00 in Apple
66シェア
15
51,"likes":35
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

Sonny Dickson

1993年のMacWorld Bostonで発表された、電話とFAXとMacの複合機W.A.L.T(Wizzy Active Lifestyle Telephone)。いわばiPhoneの前身とも言える存在ながら、歴史の闇に消えていった幻のデバイスを実際に操作する映像が公開されています。

W.A.L.Tが発表されたMacWorld Bostonは、世界初のPDAといわれるNewton MessagePadが発売されたイベントでもあります。スティーブ・ジョブズ氏が復帰する数年前に、すでにアップル社内にiPhoneの萌芽的な何かが生じていたのかもしれません。

さてW.A.L.Tとは、アップル初の電話(およびFAX機能)搭載のデバイス。それ以外の情報はほぼ未知となっていましたが、実績あるリーカーとして知られるSonny Dickson氏がプロトタイプを入手し、実機を使用するビデオをシェアしています。

過去のデバイスなりに起動時間のかかるWALTですが、実はMac System 6を搭載し、Macの親戚と言うこともできます。タッチスクリーンやFAX機能、電話の発信者ID表示、内蔵アドレス帳やカスタマイズ可能な着メロ、そしてオンラインバンキングといった、90年代前半のデバイスとしては過分なほどの機能を備えていることが披露されています。

その操作はハードウェアボタンおよび接続されたスタイラスにより実行。今の目で見るとレスポンスの緩慢さは厳しいものがありますが、画面に文字を手書きできている様子も確認できます。

Dickson氏のブログでは、W.A.L.Tの内部構造についても解説あり。のちにAT&Tに買収された電話会社BellSouthと共同で設計された本機は、PowerBook 100の部品で作られており、中味もやはりMacでした。ファームウェアを使用するためにハードディスクも搭載されているとのことです。

このプロトタイプには「水の近くでW.A.L.Tを使用しない」「W.A.L.Tを落とさない」といった説明書も添付。たしかに基本的にはPoweBook 100でHDD内蔵のデバイスを濡らしたり落としたりすると、大変なことになりそうです。

アップルは結局はW.A.L.Tを試作品に留め、最終的にはデバイスを発売することはありませんでした(2012年にeBayで8000ドルで落札された個体もありますが)。Dickson氏はブログで他にも多数写真を公開しているので、90年代当時の最先端のデバイスを目で堪能してはいかがでしょう。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Sonny Dickson
関連キーワード: apple, iphone, mobile, newton, pda, smartphone
66シェア
15
51,"likes":35
0

Sponsored Contents