Sponsored Contents

easterの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO「タマゴを探せ!」イベント再び。アメ倍増と倍速孵化、ミミロル色違いも

今年のイースターは4月21日

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年4月10日, 午後03:30 in Easter
31シェア
0
31
0
0

連載

注目記事



ポケモンGOが今年もイースター......の時期に偶然かぶって開催するイベント『ポケモンのタマゴを探せ!』を告知しました。

内容は2kmタマゴからムチュールやピチューなど、タマゴから孵化するポケモンが変わるほか、孵化時に持参するアメ倍増、孵化装置の効果二倍(距離半減)、しあわせタマゴの持続時間が倍増など。

また、うさぎポケモンのミミロルに色違いが初めて追加されます。
公式のイベント概要はこちら。

[イベント日時]

  • 日本時間4月17日(水)早朝から4月23日(火)まで

[イベント内容]

  • 「ピチュー、ムチュール、ブビィといったポケモンたち」が2kmタマゴからかえる
  • まれに色違いの「ミミロル」が出現
  • タマゴからかえるポケモンが変わる

[ボーナス]

  • タマゴをかえした時にもらえる「ポケモンのアメ」が2倍
  • 「ふかそうち」の効果が2倍
  • 「しあわせタマゴ」の持続時間が2倍

[フィールドリサーチ]

  • イベント期間中限定で、タマゴに関する「フィールドリサーチ」が登場

ポケモンGOでタマゴから孵化するポケモンの分布はたびたび変更されますが、ピチューやムチュールなどいわゆるベビィポケモンは、ここしばらくは主に7kmタマゴか、レアなものは10kmタマゴから孵化してきました。

今回の「タマゴを探せ!」イベント中の変更は、

・「ピチュー、ムチュール、ブビィといったポケモンたち」が2kmタマゴからかえる
・タマゴからかえるポケモンが変わる

とわざわざ2項目に分けてあることから、5・7・10kmタマゴのテーブルも変更されると考えられます。

約1週間のイベントですが、これまで入手困難だったポケモンが新たに加わったり、著しいレアリティ変更があった場合などは、特定の距離のタマゴを集中的に孵化させたり、終了間際に確保しておくことになるかもしれません。

ポケモンGOの仕様として、タマゴの中身(の候補)は入手した時点で決定します。つまり、イベント開始前にすでに入手していたタマゴは、イベント期間の変更の影響を受けません。同様に、イベント期間内にタマゴを入手さえしておけば、イベント後に孵化させても期間限定ポケモンの可能性があることになります。

孵化装置は有料で購入しなくても、初期装備の無限ふかそうちでも必要距離が半減します。タマゴから何が孵化するかは決められないものの、持参するアメは通常時でも数個~数十個と多く、イベント期間中はさらに倍。レアなポケモンのアメを一気に獲得する大きなチャンスです。

イースター......ではない「ポケモンのタマゴを探せ!」イベントは2017年から毎年実施されてきましたが、ポケモンGOを起動しなくてもタマゴが孵化する「いつでも冒険モード」が実装されてからのイースターは今年が初めて。

距離半減で次々にタマゴが孵化するため、こまめに起動してセットし忘れを防ぐことがおすすめです。

ポケモンGOを変える「いつでも冒険モード」解放。アプリ開かずタマゴ孵化・アメ発見



夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: easter, egg, niantic, pokemon, pokemon go, pokemongo
31シェア
0
31
0
0

Sponsored Contents