Sponsored Contents

disneyの最新記事

Image credit:
Save

ディズニー見放題サービス Disney+、月額6.99ドルで11月始動

ただし日本での展開は未定

Kiyoshi Tane
2019年4月12日, 午後03:00 in Disney
52シェア
0
52
0
0

連載

注目記事


米Walt Disney Companyは4月11日、かねてから予告されていた動画ストリーミングサービス「Disiney+」の詳細を発表しました。米国では11月12日(現地時間)にサービスが開始され、料金は月額で6.99ドル、年額だと69.99ドルとなります。

真っ先に発表されたのは「全ての」コンテンツは購読契約が続いているかぎりダウンロードしてオフライン視聴が可能だということ。4KおよびHDRもサポートされる予定です。これはNetflixがここ数年で追加した機能ですが、Netflixの場合、全てではなく「一部」がダウンロード可能です。

段階的に配信される映像が増えるとされており、まず1年目には傘下にあるピクサーの全コンテンツ(映画放映前の短編を含む)、ルーカスフィルムの「スター・ウォーズ」シリーズ全て、マーベルのMCU映画が多数。そして5年目までには、50以上のオリジナルシリーズ、1万以上の過去エピソードや、500以上の映画が予定されています。

なお、ディズニー関連コンテンツの中に置くと異彩を放つ過激なアニメシリーズ「The Simpsons」もDisney+にて独占配信となることが明らかになっています。

気になるオリジナルコンテンツは、MCU関連が目立っているラインナップ。脇役の印象が強いホークアイを中心としたシリーズや、「Falcon and Winter Soldier」といったスピンオフもMCU映画本編と同じ俳優陣が出演します。そのほか、「MCUから極めて重要な瞬間を切り取った」というWhat-ifアニメーションや、ワンダとビジョンが主演する「WandaVision」、それに人気のロキが中心となるシリーズも用意するとのこと。

そして「スター・ウォーズ」のスピンオフや、今年公開の「キャプテン・マーベル」および今後上映予定の「ライオン・キング」や「アベンジャーズ/エンドゲーム」も独占配信(つまり他のストリーミングサービスでは視聴不可)、Disneyの古典的名作「不思議の国のアリス」や「メリー・ポピンズ」も視聴できるなど、実に情報量が豊富なお披露目となりました。

本サービスは、今後2年間で「世界の各主要地域で」展開予定。視聴可能なデバイスとして、スマートフォンやタブレットのほか、PS4やXbox One、ニンテンドースイッチが挙げられています。

Disney

ここで気になるのが日本では3月26日に開始された動画配信サービス「Disney DELUXE」との兼ね合いでしょう。同サービスはNTTドコモと連携し、Disneyやピクサー、「スター・ウォーズ」やマーベルの映像作品が見放題のほか、動画以外の限定コンテンツやグッズが楽しめるエンターテイメントサービスです。

本サービスで視聴できるのは、現時点では4ブランドの新作や旧作映画、TV番組など、他のメディアでも放映ないし上映されたコンテンツのみ。Disney+で配信予定の上記スピンオフなどが視聴できるのかは、現時点では不明です。

Disney DELUXEはスタートしたばかり、しかも「5Gを見据えたもの」と長期的な展開が述べられており、すぐにDisney+と統合されるとは考えにくいはず。そしてDisney+「独占」配信とされたオリジナルコンテンツが例外を認める可能性も低そうですが「日本だけ蚊帳の外」にならないよう期待を込めて、今後の発表を待ちたいところです。




夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Disney, Disney(2)
52シェア
0
52
0
0

Sponsored Contents