Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

4月15日のできごとは「NIFTY-Serve 正式サービス開始」「htc EVO WiMAX ISW11HT 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年4月15日, 午前05:30 in today
24シェア
0
24
0
0

連載

注目記事

4月15日のおもなできごと

1987年、エヌ・アイ・エフが「NIFTY-Serve」の正式サービスを開始
1997年、AOLジャパンが日本でサービス開始
2008年、ソニーがレコードプレーヤー「PS-LX300USB」を発売
2011年、auが「htc EVO WiMAX ISW11HT」を発売
2017年、ASUSが「ZenFone 3 Max」(ZC553KL)を発売

1987年:個人から企業まで数多くの会員が集まった、国内屈指のパソコン通信サービス「NIFTY-Serve」

today
80年代後半から90年代にかけて、多くの利用者を集めたパソコン通信。中でも屈指の規模を誇ったのが「NIFTY-Serve」です。フォーラムと呼ばれるコミュニケーション用のサービスが用意され、会員同士の交流、ファイルのダウンロードなどが可能でした。当時は今のようなインターネットがない時代でしたから、フリーソフトの公開やダウンロード手段はこういったパソコン通信によるものがほとんどでした。

一般家庭へのパソコン普及、PCへのモデム標準搭載化、利用料金の低価格化、テレホーダイの開始などもあり、1995年には会員数100万人を突破。さらに、1996年には200万人となりました。しかし、この頃になるとインターネットの利用者が増え、以前であればパソコン通信でしか難しかった交流が手軽にできるようになり、徐々に利用者が減少。インターネットからのアクセス対応や、フォーラムのWebへの移行といった変化がありましたが、2006年3月、ついにパソコン通信サービスが終了しました。

2011年:テザリングにも対応したWiMAX対応機「htc EVO WiMAX ISW11HT」

today

3GとWiMAXの両通信方式が使えるうえ、au初のテザリング対応モデルとなったのが「htc EVO WiMAX ISW11HT」。月額525円で最大40MbpsのWiMAXが使い放題となる「+WiMAX」サービスに対応し、速度制限もないということで注目されました。

当時はテザリングで使うのではなく、モバイルルーターを使うというのが一般的でしたから、屋外での通信手段が欲しい人にとってかなり魅力的な機種ですね。なお、発売当初はキャリアメールに対応していないといった制限がありましたが、後日アップデートで対応しました。スペックは、4.3インチ液晶(480×800ドット)に約800万画素/約130万画素のカメラを搭載し、SoCはSnapdragon S1 QSD8650、メモリー 512MB、Android 2.2(Froyo)など。

ちなみにauのWiMAX対応モデルは春にこの機種が出た後、夏には新機種が出ず、本格的な投入となったのは秋からです。




無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

24シェア
0
24
0
0

Sponsored Contents