Sponsored Contents

internetの最新記事

Image credit:
Save

Amazon、広告付きの無料音楽サービスを計画中。4月中旬にも発表か

日本にも来て欲しい

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年4月14日, 午後03:00 in internet
280シェア
45
235
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

Amazonの音楽サービスといえば、現在でもプライム会員が利用できるPrime Music、そして有料サービスのMusic Unlimitedがあります。しかし同社は、さらにこれらとは別となる、広告付きながら無料で利用できる新しい音楽サービスを計画しているようです。

これを伝えたのは、米国の大手芸能メディアBillboard。早ければ4月15日の週にも正式発表されると伝えています。

現在、無料でも使える音楽ストリーミングサービスといえばSpotifyがありますが、Amazonの新サービスはこれを意識したものになるようです。

現状ではどの程度の楽曲が視聴できるのかなど、詳細は不明。ただし、Amazonは利用できる楽曲を取得するため、いくつかのレコードレーベルに対し、広告掲載量に関係なくストリーム毎に費用を支払う申し出をしているとのことです。

AmazonのMusic Unlimitedには、Echoデバイスでのみ利用できる割安のEchoプランも用意されています。それでもどうせ月額を払うなら、Spotifyなど他のサービスに......と考える人がいても不思議ではありません。この点、Echoを買ってすぐに利用できる無料の音楽サービスがあれば、会員がSpotifyに流れるのを防止でき、ひいてはプライム登録やMusic Unlimitedへのアップグレードも期待できそうです。

とはいえ、成功するかどうかは、どれだけの楽曲を揃えられるのかにかかっているでしょう。小売業界に対しては支配的とも言える影響力を持つAmazonですが、それが音楽業界にも通用するのかも注目しておきたいところです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

280シェア
45
235
0

Sponsored Contents