Sponsored Contents

docomoの最新記事

Image credit:
Save

ドコモ『最大4割値下げ』新プランを正式発表。6980円で30GBフラット「ギガホ」と2980円〜の段階制「ギガライト」

家族でドコモ3回線以上+ドコモ光契約ならギガホが3980円に(6か月間)……安い?

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年4月15日, 午後03:00 in Docomo
2732シェア
0
2715
0
17

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View


NTTドコモは4月15日、LTE/3G携帯電話サービスの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」を発表しました。新プランは5月22日に受付を開始し、6月1日から提供されます。

ドコモでは2018年10月末に「現行プランより2〜4割値下げとなる分離プランに移行する」と予告しており、今回、その具体的な内容が明らかになった格好です。新プラン「ギガホ」と「ギガライト」は音声通話とデータプランの基本料金がセットになっています。

「ギガホ」と「ギガライト」はいわゆる"分離プラン"で、端末代金と通信料金を切り離した点に特徴があります。つまり、通信料金が割安になる代わりに、契約を条件にしたスマホからの割引は縮小されます。

ギガホ

■「ギガホ」30GBで6980円

「ギガホ」は月間30GBまで使えるフラット型の料金プランで、月額6980円。9月30日までにプラン変更すると、「ギガホ割」として6か月間・1000円引きの割引を受けられます。

ギガホで改善された点として、月間30GBを超過した場合の速度制限が「最大1Mbps」に緩和されました。従来は最大128kbpsという、スマートフォンの通常利用に支障が出るような速度まで制限されていたため、大きな改善と言えそうです。

「ギガホ割」のほか、後述する「みんなドコモ割」や「ドコモ光セット割」「はじめてスマホ割」を組み合わせることで、安くなる仕組みです。

■ピタットプラン風な「ギガライト」

「ギガライト」は、毎月の利用データ量により料金が変動する、段階制の料金プラン。1GBまで2980円からスタートし、1GB〜3GBは3980円、3GB〜5GBが4980円、5GB〜7GBは5980円になります。月間7GB以上のデータを使うと、送受信が最大128kbpsに制限されます。

「ギガホ」「ギガライト」はドコモケータイを利用しているユーザー向けの割引「はじめてスマホ割」の対象となっています。条件を満たすユーザーがギガライトへ変更すると、毎月1000円の割引を12か月にわたって受けられます。また、後述する「みんなドコモ割」と併用することで、最安で月あたり980円となります。

ドコモ

■かけ放題はオプションに

「ギガホ」「ギガライト」は音声通話の基本料金もセットとなっていますが、国内通話料は家族間通話のみが無料となります。それ以外は30秒あたり20円の通話料となります。

かけ放題はオプションサービスとして用意されます。5分以内の通話が無料になる「5分通話無料オプション」が月額700円、国内通話が完全無料の「かけ放題オプション」が月額1700円となります。

■家族で複数回線なら割引「みんなドコモ割」

新たな割引として「みんなドコモ割」が提供されます。家族がドコモならその回線数に応じて「ギガホ」「ギガライト」の料金から割引をするというもので、1回線では割引なし、2回線で500円引き、3回線ドコモだと1000円引きになります。

「ギガホ」の標準価格は月額6980円とされていますが、1000円引きで月額5980円で利用できることになります。

なお、「みんなドコモ割」のカウント対象となる回線は旧料金プラン(カケホーダイプランなど)も含まれます。つまり、自分が「ギガホ」で他の家族がドコモの旧プランのままというケースでも、みんなドコモ割の恩恵を受けられることになります。

■ドコモ光セット割

固定通信サービス「ドコモ光」を契約していると、「ギガホ」「ギガライト」の月額料金が割引されます。ギガホは月額料金から1000円引き、ギガライトでは毎月の利用データ量に応じて、割引額が0円〜1000円の間で変動します。

■「月々サポート」「docomo with」は対象外

新プランでは料金が安くなる代わりに「月々サポート」のような通信契約とセットになったスマホ本体からの割引は提供されません。また、特定の機種の購入を条件で割引する「docomo with」も新プランでは利用できません。

月々サポートやdocomo withが適用されている回線から「ギガホ」「ギガライト」に移行した場合、割引が終了となります。

また、継続利用を条件にスマホ を大幅に割引する「端末購入サポート」も「ギガホ」「ギガライト」との併用はできません。端末購入サポートの利用期間中の回線を新プランに移行すると、所定の契約解除料が請求されます。

■新プランも「2年縛り」

「ギガホ」や「ギガライト」は従来プランと同様に2年契約を前提としてたプランで契約から2年後の「更新期間」ではないタイミングで解約すると、9500円の解約金が発生します。

2年の期間拘束がない「ギガホ」や「ギガライト」も契約可能ですが、料金に月あたり1500円が上乗せされます。

なお、ドコモは「新プランでは2年後に期間拘束を『自動更新』にするかどうかを契約時に選べるようにする」と説明しています。最初の2年は期間拘束のある割安な料金で使って、2年経過後は自由なタイミングで解約できるような形も用意される見込みです。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
関連キーワード: docomo, LTE, mobile, NTTdocomo
2732シェア
0
2715
0
17

Sponsored Contents