Sponsored Contents

appsの最新記事

Image credit:
Save

iPhoneアプリ「6秒えいご漬け」配信開始 DS版から13年の時を経て

DS版開発スタッフより中学英語で止まっている人へ

ACCN, @ACCN
2019年4月15日, 午後05:30 in apps
202シェア
27
175
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

2006年に発売されたニンテンドーDS用ソフト「大人のDSトレーニング えいご漬け」をご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょうか? まだスマホのない時代、タッチペンを搭載したDSならではのディクテーション(書き取り)を取り入れた英語学習ソフトで、当時たいへん話題になりました。

「6秒えいご漬け」は、シャドーイングにより「聴く力」と「話す力」を集中的に鍛える、その続編のようなアプリで、同じスタッフにより13年の時を経てリリースされました。iPhone / iPad対応のユニバーサルアプリで基本、無料(課金あり・後述)です。

Engadget

シャドーイングは、聴こえた英語をそのまま声に出して繰り返すトレーニングです。やってみると結構難しいですが、意味がわからなくても続けることが重要です。幼児が母国語を丸覚えにより習得するのと同じ原理ですね。これをやらず単語や文法だけ叩き込んでも、なかなか実践では役に立たないものです。また、日本語でもおかしなリズムで話されると難解と感じるように、英会話もリズムが大事です。意味がわからなくても、どんどん声に出す──そのことを躊躇していては上達はありえないというわけですが、理屈でわかっていてもなかなか機会がなかったりしますよね。

このアプリは、その機会を半ば強制的に与えてくれるようなものです。6秒以内に繰り返し、発声しなくてはなりません。すなわち「イヤホン・マイク必須(もちろんAirPodsでも可)」アプリとなっております。

Engadget

各コンテンツは世界基準CEFR(セファール)のガイドラインに従い作成され、6つのレベルに分かれています。中学英語のレベルから、かなり上級のビジネス英会話までサポートしています。

Engadget

達成率をグラフで表してくれるので、ゲーム感覚で楽しく英会話力を鍛えることができます。

Engadget

シャドーイングのみは無料で利用できますが、Googleの音声認識を用い発音を判定してくれるモードがあり、こちらはアプリ内課金となっています(最初の50回は無料)。

engadget

開発スタッフより:「前作から13年かかりましたが、比べ物にならないほどボリュームある教材となっています。また、最新技術を活用することで、再び英語学習に革命を起こすほどの進化を実現できたと自負しております。高校生には21年度から変わる受験英語対策に最適ですし、TOEICスコアを上げたいと考えている社会人のみなさまにも、ぜひ活用いただけたらと思います」

発声が必要なので通勤電車でこっそりと──とはいきませんが、早期に英会話力を身につける必要のある方は、無理やり時間をつくってでも一度トライしていみることをオススメいたします。

Engadget




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: application, apps, AppStore, education, iphone
202シェア
27
175
0

Sponsored Contents