Sponsored Contents

Cashlessの最新記事

Image credit:
Save

ハンディ翻訳機「KAZUNA eTalk 5」、QR決済レジ機能を追加

その発想はなかった

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年4月16日, 午後02:20 in Cashless
25シェア
0
25
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


TAKUMI JAPANは、ハンディ翻訳デバイス「KAZUNA eTalk 5」に「QRレジ」機能を追加しました。中国大手のQRコード決済「Alipay」「WeChat Pay」の決済に対応するレジアプリです。QRレジ機能は「KAZUNA eTalk 5」向けに本日16日よりソフトウェア更新で提供されます。

TAKUMI JAPANはもともと"FREETEL"ブランドを率いていた増田薫氏が新たに設立した会社。2018年から「KAZUNA eTalk 5」を販売しています。KAZUNA eTalk 5は143言語の翻訳に対応する翻訳デバイスで、翻訳機能ではテキスト・音声認識による翻訳のほか、外国語の文章を読み取る「撮って翻訳」に対応。グローバルSIMを搭載し、モバイルWi-Fiルーターやモバイルバッテリーのようにも使えます。

eTalk5▲KAZUNA eTalk 5
eTalk5
増田氏によると、訪日外国人に対応する企業や店舗向けの販売が好調とのこと。今回新たに追加された「QRレジ」も店舗で訪日外国人観光客に対応する際に求められる機能です。「QRレジ」では「Alipay」「WeChat Pay」ユーザーのバーコードを読み取って決済する機能を搭載。返品処理や集計といった業務に必要な機能も一通り備えています。

eTalk5
eTalk5

機能追加にあわせて、「KAZUNA eTalk 5」では法人向けの販売プランも展開。2年間の延長保証やレンタルといった法人向けの専用サービスを用意して、ビジネスツールとして訴求します。

eTalk5▲芸人の出川哲朗さんがKAZUNA eTalkのイメージキャラクターに就任することも発表されました

なお、TAKUMI JAPANが16日に開催した発表会では、Xiaomiのゲーミングスマホ「Black Shark2」の日本での取り扱いも発表されています。







「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: KAZUNA
関連キーワード: Cashless, KAZUNA, KAZUNA eTalk5, QR, TAKUMI JAPAN
25シェア
0
25
0
0

Sponsored Contents