Sponsored Contents

4kの最新記事

Image credit:
Save

LGの有機ELテレビが25日発売、新4K放送と音声操作に対応

「音声操作」や「スマホ連携」なども強化

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年4月16日, 午後05:10 in 4K
27シェア
4
23
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


LGは、新4K衛星放送チューナーを内蔵した有機ELテレビを4月25日(木)に発売します。

最上位となるモデルは「W9P」で、このほか「E9P」「C9P」「B9P」計4シリーズ9モデルがラインナップされます。価格はオープンプライスで55型~77型までの3サイズを展開。店頭予想価格は税別30万円~170万円前後です。

LG OLED 4K TV Japan 2019 Lineup




LGによると、今年から来年にかけて買い替え需要が増し、2019年は買い替えの年になるとのこと。2020年には東京オリンピックも控えていることもあり、国内では大型へのシフトが急激に増しています。壁掛けを利用したリビングを広く見せるインテリアトレンドもあり、大型化や薄型化も重要だと言います。

これ以外にも「AI」や「音声操作」が幅広く認知されており、スマホや家電製品が自ら考え、利用者に対して使い方や、便利機能などを提案する製品も増えていると言います。

LGでも従来から、この「AI」を搭載した家電やスマホなどを数多く取り揃えており、テレビにも音声認識機能とAIを組み合わせた「LG ThinQ」を今後も積極的に搭載していく考えです。

LG OLED 4K TV Japan 2019 Lineup

今回ラインナップされる有機ELテレビは「LG ThinQ」を更にパワーアップ。各機種に第二世代のa9/a7インテリジェントプロセッサーを搭載しています。このプロセッサーが何百万もの映像ソースを学習し、画質や音質などを利用環境に応じて最適なモードに調節します。

LGによると「今までよりも臨場感あふれる映像美とサウンドをお届けできる」とのこと。4Kだけではなく2K解像度での表示でも音響や画質の調節にAIを活用します。

LG OLED 4K TV Japan 2019 Lineup

音響技術で特筆すべき点は「AIサウンド」。これは、見ている映像ジャンルをAIが分析し、その映像に合うサウンドを自動認識するもの。2.0chでも5.1chに相当する臨場感あるサウンドを実現するとのこと。

LG OLED 4K TV Japan 2019 Lineup

画質面では「AI輝度」という機能がポイントです。AI輝度は映像の特性を把握し、周囲の明るさを認識して、輝度を細かく自動調整します。テレビでよくあるのが、部屋が明るい場所で鑑賞する際に、黒い部分が潰れて見えずらい時があります。そういったシーンでは、映像全体の輝度を上げずに、黒い部分を細かく忠実に調整してくれます。

音声操作については「LG ThinQ」「Amazon Alexa」「Google アシスタント」の3つを搭載。利用者の支持内容から LG ThinQ または Google アシスタント のどちらで応答するのかをテレビが自動的に判断します。

例えば、リモコンの音声認識ボタンを長押しして、天気や気温などの検索をした場合は Google アシスタント が応答し、Googleでは対応できないテレビの電源や画質設定などの変更は LG ThinQ が応答します。Amazon Alexa は、Prime Video や Prime Music などで使えます。

LG OLED 4K TV Japan 2019 Lineup


この他にも便利機能があります。iPhoneやiPadなどで再生中の音楽や動画などをテレビ経由でストリーミング再生できる「Apple AirPlay2」、テレビに接続されている機器を一覧表示する「ホームダッシュボード」、テレビをみながら番組の出演者やお店などをミニウィンドウで検索表示できる「ミニブラウザ」、スマホの画面に表示される内容をテレビのミニウィンドウで表示する「モバイルコネクションオーバーレイ」など、テレビという大画面を生かした機能がたくさん搭載されています。


LG OLED 4K TV Japan 2019 Lineup▲W9Pシリーズの実機

W9Pシリーズ

消費電力:77型が804W、65型が515W。
年間消費電力量:77型が415kWh/年、65型が299kWh/年。
外形寸法/重量:77型のパネル部が172.1×0.6×98.9cm(幅×奥行き×高さ)/12.3kg、66型が144.6×0.4×82.3cm(同)/6.7kg。
コンパニオンボックス:77型が146×8.4×20.8cm/13.1kg、65型が126×7.8×19.8cm/10kg。

E9Pシリーズ

消費電力:65型が480W、55型が361W。
年間消費電力量:65型が278kWh/年、55型が223kWh/年。
外形寸法/重量:65型が144.7×22×87.7cm(幅×奥行き×高さ)/33.6kg、55型は122.6×22×75.3cm(同)/25.8kg。

C9Pシリーズ

消費電力:77型が655W、65型が476W、55型が357W。
年間消費電力量:77型が281kWh/年、65型が231kWh/年、55型が209kWh/年。
外形寸法/重量:77型が172.2×25.3×104.7cm(幅×奥行き×高さ)/36.5kg、65型が144.9×25.1×86.2cm(同)/33.9kg、55型は122.8×25.1×73.8cm(同)/23kg。

B9Pシリーズ

消費電力:65型が472W、55型が352W。
年間消費電力量:65型が261kWh/年、55型が208kWh/年。
外形寸法/重量:65型が144.9×24.6×86.9cm(幅×奥行き×高さ)/26.2kg、55型は122.8×24.6×74.4cm(同)/19.9kg。

各モデルとシリーズの年間消費電力量は液晶の基準で算出した参考値です。

LG OLED 4K TV Japan 2019 Lineup

4月25日から6月2日までの期間中に、4Kチューナー搭載LG有機ELテレビを購入した人に向けたキャンペーンも実施します。有機ELテレビ購入者は、店頭に設置してある専用応募封筒(チラシ)に必要事項を記入し、購入商品や購入日、店舗などが記載されたレシートを貼り付けて応募します。もれなく最大10万円をキャッシュバックします。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

27シェア
4
23
0

Sponsored Contents