Sponsored Contents

internetの最新記事

Image credit:
Save

小説投稿サイト「LINEノベル」がオープン。講談社、文藝春秋など9社が参画

賞金300万円と書籍化、映像化がセットのテーマ不問コンテストも実施中

関根慎一 (Shinichi Sekine), @sekine_s
2019年4月16日, 午後07:50 in internet
78シェア
0
59
0
19

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View
LINE株式会社は4月16日、小説投稿サイト「LINEノベル」の運営を開始しました。

複数の出版社が参画し、共同で「新たな才能の共有・発掘を行う」取り組み。ユーザーは小説の投稿や作品の閲覧が可能なほか、コンテストへの応募などが行えますが、最大の特徴は、作品投稿者が、LINEノベルに参画している複数の出版社から個別に書籍化オファーを受けられる可能性がある点です。

特定の投稿者がオファーを受けたことは、参画しているすべての出版社に共有され、オファーを出した出版社以外の企業でも、その投稿者にオファーを出すかどうかが選択できます。複数のオファーを受けた投稿者は、各社の条件を比較して書籍化する出版社を検討できる点がメリットです。参画している出版社はKADOKAWA、講談社、新潮社、集英社、実業之日本社、スターツ出版、宝島社、東京創元社、文藝春秋の9社。
Line Novel
LINEノベルのオープンに伴い、文芸レーベル「LINE文庫」と、ライトノベルレーベル「LINE文庫エッジ」を新たに創刊。2019年夏に公開予定のスマートフォンアプリ上で各レーベルに連載する作品が読めるほか、同レーベルから毎月10作品程度の書籍を刊行する予定です。レーベルの連載作品では、2010年に刊行された宮部みゆき氏の「小暮写眞館」が初めてデジタル配信される予定。

今夏からアプリ上で連載が始まる書き下ろし作品としては、鎌池和馬氏の「魔導ハッカー〉〉暴け、魔法の脆弱性を」、アサウラ氏の「サバゲにGO! はじめてのサバイバルゲーム」、いぬじゅん氏の「願うなら、星と花火が降る夜に」、蝉川夏哉氏の「さくら堂骨董品店奇譚」が発表されています。

このほかLINEノベル独自のコンテストとしては、2019年9月30日までの応募期間で「第1回 令和小説大賞」を実施中。LINE、日テレ、アニプレックスが共同開催する文学賞で、初回となる今回は募集テーマ、ジャンルともに制限なし。賞品として「賞金300万円」「書籍化」「映像化」が挙げられています。


優れた作品は「引く手あまた」になりがちですが、LINEノベルのポイントは、プラットフォームの機能として、参画している出版社にオファー情報が共有される点でしょう。同じ作者にオファーを送ったことがわかる機能は、書籍化の条件をより好条件に引き上げる競争を誘発する可能性があり、また作家側にはパートナーを選択する機会を生み出します。

一般人が投稿したWeb小説が読み手に評価され、編集者の目に留まり、書籍化・映像化する流れ、そのパスが以前よりも視覚化されている中で、よりチャンスがわかりやすい形で提示されているサイトには、優れた作品が集まりやすくなるでしょう。それは読み手にとってもメリットのあることですが、LINEノベルが「カクヨム」など先行して高い実績をあげている投稿サイトに比肩しうるかは、これからの主体的な展開と、投稿作品の質で判断することになるでしょう。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
Source: LINEノベル
関連キーワード: internet, media, novel, ugc
78シェア
0
59
0
19

Sponsored Contents