Sponsored Contents

automotiveの最新記事

Image credit:
Save

トヨタ・デンソー・ソフトバンクVF、Uber自動運転部門に約1100億円出資

自動運転ライドシェア車両の開発と実用化を加速

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年4月19日, 午前11:10 in Automotive
180シェア
135
45
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View


トヨタ、デンソー、ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)は米国時間4月18日、Uberの自動運転部門「Uber Advanced Technologies Group」(Uber-ATG)に合計10億ドル(約1100億円)の出資を行うと発表しました。出資は2019年Q3に完了予定。

トヨタとデンソーは6億6700万ドルを、SVFは3億3300万ドルをUber-ATGが基となる新会社に出資します。この出資により、自動運転ライドシェア車両の開発と実用化を加速させます。

なお、トヨタは昨年8月にもUberに5億ドル(約560億円)を出資。ミニバン「シエナ」をベースに、トヨタの運転支援システム「Guardian」と、Uberの自動運転システムを連携させた自動運転ライドシェア車両を、2021年にUberのライドシェアネットワークに導入することを目指し、共同開発を進めています。

今回の出資により、トヨタはUberと自動運転ライドシェア車両の開発を継続すると共に、次世代自動運転キットを共同設計し、車両の量産化とサービスの実用化に目処をつける狙い。またトヨタは出資に加え、今後3年間で最大3億ドル(約340億円)の開発費を負担するとしています。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

180シェア
135
45
0

Sponsored Contents