Sponsored Contents

Gamingの最新記事

Image credit:
Save

メガドライブミニ収録ゲーム第2弾発表。「ベアナックルII」「サンダーフォースIII」など人気作10タイトル

あと20タイトルは何だろう

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年4月19日, 午後06:30 in Gaming
68シェア
0
32
0
36

連載

注目記事

セガが9月19日に発売するメガドライブミニ収録ゲームタイトル第2弾としてあらたに10作品を発表しました。注目作は、横スクロールシューティングの「サンダーフォースIII」、「スーパーファンタジーゾーン」など横スクロールシューティングの名作2本、格闘アクション「ベアナックルII 死闘への鎮魂歌」「魂斗羅 ザ・ハードコア」など。

メガドライブミニには40タイトルのゲームを収録する予定で、セガはすでに10作品をあきらかにしていました今回の第2弾はそれにつづく10作品ということで、これで合計20作品。収録全タイトルの半分が明らかにされたことになります。

「サンダーフォースIII」は後にアーケードゲームに移植されたほどの人気を誇った、メガドライブのシューティングを代表する作品と言っても過言ではありません。一方の「スーパーファンタジーゾーン」は、逆にセガのアーケード版シューティングゲームの名作をベースにメガドライブで登場したオリジナル続編。自機の名前はオパオパという生物(?)で、関連作品には弟や息子も登場していたりします。シューティングではコンパイルの弾幕系シューティング「武者アレスタ」も収録。

「ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌」は、80年代終盤~90年代前半に人気を博した横スクロール格闘アクションゲームのヒット作。古代祐三氏のBGMも人気でした。「魂斗羅 ザ・ハードコア」はコナミの言わずと知れた人気シリーズのメガドライブオリジナル作。ハードコアの名に恥じない難易度の高さで初めてシリーズに触れたプレイヤーを奈落の底に突き落としました。

ほか、「ハイブリッド・フロント」やクォータービューのファンタジーRPG「ランドストーカー ~皇帝の財宝~」などわりと厚みのある作品から、「アイラブミッキー&ドナルド 不思議なマジックボックス」「ゲームのかんづめ お徳用」、「ダイナブラザーズ2」などわりとライトなユーザーでも楽しめるタイトルがバランス良く含まれます。

メガドライブミニの発売は9月とまだしばらく先ですが、これまでに発売された20タイトルだけでもすでに購入を決定した人も多そう。また「あの名作が入っていないじゃないか!」と憤っているベテランゲーマー各位も、残る20タイトルにそれが入っているかどうかを楽しみに続報を待ちたいところです。







広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Sega
68シェア
0
32
0
36

Sponsored Contents