Sponsored Contents

Appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhoneは資源として生まれ変わる。地球環境を考える日「アースデイ」 に向け、Appleがリサイクルロボを紹介

バッテリーから希少金属を回収する取り組みも

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年4月19日, 午後03:30 in Apple
38シェア
0
34
0
4

連載

注目記事


4月22日の地球環境のことを考える日「アースデイ」を前に、AppleはiPhone/Macのリサイクルについての取り組みを紹介しました。Apple Storeの一部店舗では、アースデイ仕様のAppleロゴもお目見えしています。

アースデイ仕様のAppleロゴは、リンゴの葉の部分を緑に染めたもの。日本ではApple 新宿、Apple 表参道、Apple 銀座、Apple 京都の4店舗が23日の営業終了時刻までアースデイ仕様となっています。期間中はApple Storeスタッフの服装がアースデイを祝う緑のシャツになり、展示機もアースデイをアピールするものに。

Apple 新宿 アースデイApple 新宿 アースデイ

また、App Storeではアースデイにちなんで、地球環境に優しい生活をする助けになるアプリの特集が行われます。さらにApple Wacthユーザー向けには「アースデイチャレンジ」も。30分間以上の屋外ワークアウトを達成した人には特別なバッジとメッセージアプリで使えるステッカーがプレゼントされます。

Apple Earth Day
Apple Earth Day

「あなたにいいこと。地球にいいこと。」

2019年のアースデイに際して、Apple Storeで大きく取り上げられているのは、下取りプログラム「Apple Trade In」。旧モデルのiPhone/iPad/Max/Apple Watchや他社スマホ・PCを下取りに出すと、Apple Storeでの使えるギフト券がもらえるというプログラムです。Apple Storeでは、このTrade Inを「あなたにいいこと。地球にいいこと。」というシンプルなメッセージで伝えています。

Apple 新宿 アースデイ

Trade Inプログラムを通して、Appleは多くの旧製品を新たな製品へと生まれ変わらせています。部品の交換などで済むものは「整備済製品」としてリフレッシュして販売する(リユース)ほか、古いiPhoneなどは素材として再利用するリサイクルを行っています。AppleはTrade Inプログラムなどを通して年間で約100万台のデバイスを回収しているとのことです。

1時間に200台のiPhoneを分解する「Daisy」

Apple Earth Day

Appleのリサイクルの取り組みの中で最先端の例が、リサイクルロボット「Daisy」。Daisyは分解が難しいiPhoneを高速で処理し、レアメタルを含む素材を回収します。15モデルのiPhoneに対応し、1時間で200台を処理する能力を持ちます。Daisyは現在、米国のApple Trade Inプログラム、および米量販店のBest BuyとオランダのキャリアKPN販売店で回収された使用済みiPhoneのリサイクルに関わっています。

Daisyから回収された素材は、新しい製品へと活用されます。2019年製の最新MacBook AirとMac miniはその筐体のアルミニウム合金に100%リサイクルアルミが使われているほか、プリント基板に欠かせない錫は11種類の製品のメインロジックボードからの100%リサイクル品が利用されています。

また、新たに希少金属であるコバルトも活用されるようになりました。コバルトはDaisyにより回収された古いiPhoneのバッテリーから取り出され、一連の加工プロセスを経ることで、新品のiPhoneで再び活用されています。地球資源の中でも特に希少なレアメタルの再利用は、地球環境を維持していく上でも重要な取り組みと言えるでしょう。

Apple Earth Day
Apple Earth Day

そしてAppleは18日、将来のリサイクル処理方法を研究する研究所「Material Recovery Lab(素材再生研究所)」を開設すると発表しました。テキサス州オースティンに設けられた敷地面積9000平方フィート(約836平方メートル)のこの研究所では、Appleの持つロボット工学や機械学習技術を活かして、製品・素材の分解、選別、細断プロセスを高度化する新たなソリューションを研究するとしています。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

38シェア
0
34
0
4

Sponsored Contents