Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

WWDC 19ではSiri新機能やAR強化が発表?iOS 13やmacOS 10.15に新たなうわさ

まぁ一般ユーザー向け公開は秋ですが

Kiyoshi Tane
2019年4月23日, 午後12:20 in apple
31シェア
0
24
0
7

連載

注目記事


AP Photo/Eric Risberg

アップルの開発者向けイベントWWDC19が6月3日から開催され、そこでは次期メジャーバージョンのiOS 13やmacOS 10.15の発表が予測されています。

すでに両OSにつき何度か噂が報じられてきたなかで、また発表予定とされる開発者向けの新機能やAPIについての詳細が伝えられています。

米アップル関連情報サイト9to5Macは、アップルのOS開発に詳しい情報筋から得た話として、次のような噂話をシェアしています。

Siriの新機能

開発者は自分のアプリにメディアの再生、検索、音声通話、イベントチケットの発券、メッセージの添付、電車や飛行機の情報、空港ゲートや座席の情報表示といった新機能を採用できるとのことです。

Marzipanの改良

MarzipanとはiOSとmacOS用アプリを段階的に統合していくアップルの社内プロジェクト。現時点では、iOS用のフレームワークUIKitのMac版を通じて、iOSアプリをmacOSに移植しやすくする段階とされています。

次期メジャーバージョンでは、開発者はUIKitがTouch BarやメニューバーといったMac固有の機能と統合されたAPIにアクセス可能に。つまりiOSアプリの機能がmacOS上でTouch Barやメニューバーでの機能にたやすく置き換えられるわけです。

iOSから移植されたSplit View(iPad上での画面二分割)対応アプリは、ネイティブのMacアプリと同じく分割線をドラッグしてサイズを変更したり、分割線をダブルクリックして位置をリセットできるそうです。

既存のiOSアプリでMacでのサポートを有効にするのは、iPhone専用アプリにiPadサポートを追加するのと同じぐらい手軽に。ただXcode(iOSとmacOSの統合開発環境)上でターゲット設定のチェックボックスにチェックを入れる程度だとされています。

AR(拡張現実)機能の強化

今年はアップル製品プラットフォーム上でのARデバイスは大幅に改善される見通し。具体的には、AR用の全く新しいSwift(アップルの開発したプログラミング言語)専用フレームワークや、開発者が視覚的にARエクスペリエンスを作成できるコンパニオンアプリが提供され、ARKitは人間の姿勢を検出する機能が追加されるなど。

さらにゲーム開発者にとっては、OSレベルでタッチパッドとステレオARヘッドセットを備えたコントローラもサポートされるとのこと。iOSやmacOS向けの本格的なARゲームが続々と作られそうです。

その他、サードパーティ開発者に提供される主な新機能は以下の通りです。
  • Tapticエンジン(画面押し込みに対して振動を返す装置)のより細かな制御
  • NFCによりISO7816、FeliCa、MiFareのタグも読み取り可能に(従来はNDEFタグのみ)
  • iOSの一部アプリで利用可能だった文書スキャン機能を利用可能となり、写真アプリを経由せずにカメラやSDカードなどの外部デバイスから写真をキャプチャできるように
  • MacのFinderとDropboxなどの特定アプリの統合方法が改善

WWDC19ではiOSやmacOSのほか、watchOS 6やtvOS 13も発表される予定とのこと。それらの最終版が一般ユーザーに公開されるのは9月になると述べられていますが、特にwatch OSについては日本向けにApple Watch Series 4のECG機能開放を期待しているユーザーも多そうです。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: 9to5Mac
関連キーワード: apple, AppleRumor, ar, iOS13, iphone, mac, macos10.15, marzipan, software
31シェア
0
24
0
7

Sponsored Contents