Sponsored Contents

gadgetryの最新記事

Image credit:
Save

スマホ連動のIoT壁掛け時計Glance ClocK。予定や着信表示に対応、IFTTT連動も

IFTTT経由でAlexaからも使えます

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年4月24日, 午前07:00 in gadgetry
113シェア
0
81
0
32

GREEN FUNDINGとエンガジェット日本版の気になるクラファンガジェットまとめ

この記事はGREEN FUNDINGとエンガジェットのコラボ企画です。プロジェクトを支援いただくとエンガジェットにプロモーション費が入ることがあります。
         

人気のガジェット

Nespressoカプセルも使える携帯型電動エスプレッソマシン



 

コンセントもUSBもこれ1つで給電可能



 

わずか9センチの超薄型バックパック


 
 

連載

注目記事


スマートフォンと連携する時計と言えば、誰もがスマートウォッチを思い浮かべると思いますが、それとは違う一風変わったスマートクロック「Glance Clock」がGREEN FUNDINGで支援募集中です。
GREEN FUNDINでこのプロジェクトを支援する

ようするにIoT壁掛け時計なのですが、スマートフォンと連携し、着信表示やカレンダー表示などを行えるのが大きな特徴です。

例えば下の画像は、Googleカレンダーの予定を表示しているところ。スケジュールが入っている時間帯を表示し、色はGoogleカレンダーで設定した色がそのまま反映されます。なおAppleカレンダーとも連携しますが、その場合の色は1色のみとのこと。

Glance
▲予定時間が過ぎると、15分毎に表示が消えます

本体にスピーカーを搭載しており、着信時には音と光で知らせてくれます。スマートフォンをマナーモードのままにしておいても安心です。

Glance
▲「????」は相手の名前。残念ながら日本語は表示できません

もちろん、最近話題のDigital Wellbeingにも対応。夜間は音を出さないなどの設定も可能です。

時計っぽい機能としては、各種タイマー表示にも対応。ポモドーロタイマーもプリセットされており、25分のカウントダウン、5分のカウントダウンを交互に表示できます。

なお、このタイマーはスマートフォンの専用アプリから設定を行いますが、Android向けのアプリには機能がなく、設定できませんでした。

Glance
▲タイマー、インターバルタイマーは自分で設定もできます

ほかには、気温や天気、降水確率などの表示にも対応しています。

Glance
▲中央は現在の気温。周囲の表示は、その時間帯の降水確率。8時くらいから降水確率が上がっています

なお、本体にはバッテリーを内蔵しており、使い方次第ですが約2日間は持つとのこと。通常は3mの専用電源ケーブルを使い、USBから給電します。

Glance
▲背面には壁掛け用の穴もあります

各種WEBサービスなどを自動化できるIFTTTに対応しており、たとえばAlexaで再生している音楽のタイトルを表示したり、Twitterで通知が来たら知らせたりといったこともできます(ただし日本語表示はできません)。

Alexaと連携する壁掛け時計としては、米Amazonが純正のEcho Wall Clockを販売しています。


これと同じように、Alexaに設定したタイマーのカウントダウンができるのではと期待したのですが、残念ながらAlexaのタイマーを表示することはできません。

ただ、タイマー終了のタイミングでIFTTT経由で通知を出せるので、キッチンのEchoに10分のタイマーをセットし、その通知をリビングのGlance Clockで確認することはできます。しかし、Glance ClockはWi-Fiに対応しておらず、通知はスマートフォンからBluetooth経由で受け取る必要があります。このため、専用アプリを入れたスマートフォンが近くにないと機能しないのが難点です。

それでも、Echoデバイスのタイマーはセットしたデバイスでしか通知を出してくれないので、意外と重宝するかもしれません。GREEN FUNDINGでの支援募集は5月23日まで。現在の最低支援額は1万9800円からとなります。
GREEN FUNDINでこのプロジェクトを支援する


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

113シェア
0
81
0
32

Sponsored Contents