Sponsored Contents

nianticの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO、ラティアスとラティオスがリサーチ大発見で出現。5月2日から

2か月で計8匹分ガチャ

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年4月26日, 午前07:46 in Niantic
31シェア
0
31
0
0

連載

注目記事



ポケモンGOで、フィールドリサーチの大発見リワードで出現する伝説のポケモンが5月2日早朝から入れ替わります。

大発見で遭遇するのは「ラティアス・ラティオス・ホウオウ・ルギア」のいずれか。6月末までの約二か月、毎週達成すればランダムで約8体が手に入ります。


この3月・4月の大発見リワードは、伝説の三犬もとい三聖獣ことエンテイ・ライコウ・スイクンと、鉱物モチーフのレジアイス・レジロック・レジスチル、そしてホウオウ・ルギアのいずれかでした。

5月2日までの残り約一週間で大発見まで達成すればこの8体のどれか、それ以降はラティアス・ラティオスとホウオウ・ルギアの4体からが出現することになります。

特定の犬や鉱物が欲しくても引けるとはかぎりませんが、逆に3月・4月の顔ぶれがどれもまにあっているならば、敢えて大発見までスタンプを押さず5月2日早朝以降に達成して、入れ替わり初日から大発見ガチャにチャレンジすることも可能です。

このほか4月27日(土)から、タマゴの孵化テーブルが入れ替わり従来とは違うポケモンがかえるようになります。

  • 2kmタマゴからは「ナエトル」「ヒコザル」「ポッチャマ」「ウソハチ」などがかえるようになります
  • 5kmタマゴからは「カラカラ」「グレッグル」「ブイゼル」「ニャルマー」「ドーミラー」「ミツハニー」「スコルピ」などがかえるようになります
  • 10kmタマゴからは「コリンク」「クチート」「アブソル」「ズガイドス」「タテトプス」「リオル」などがかえるようになります
タマゴを探せ!イベント中は2kmタマゴ(ボーナスで実際は1km)から孵化していたリオルも10kmへ。タマゴは確実に欲しいポケモンが出てくるとは限りませんが、大量のアメとそこそこのすなを持参するため、まだ進化・育成できていないシンオウ地方の追加ポケモンなどが欲しい場合はタマゴの種類を見極めて優先的にふかそうちをセットする必要があります。




無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: niantic, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
31シェア
0
31
0
0

Sponsored Contents