Sponsored Contents

GameConsoleの最新記事

Image credit:
Save

プレイステーション5(仮)が2020年4月までに出る可能性はゼロ。SIEが公式に回答

ひとまずGoogle Stadiaが先行か

Kiyoshi Tane
2019年4月27日, 午後12:40 in Gameconsole
239シェア
13
226
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

Bloomberg via Getty

先日PlayStation 4の後継機、いわゆるPlayStation 5(仮称/以下PS5)の詳細が伝えられたばかりですが、少なくとも1年以内にPS5の発売がないとのSIE公式見解が報じられています。

今月26日、ソニーは2018年度の連結業績概要を公表。これに伴って、ゲーム部門を担当するSIEから公式に「次世代プレイステーション機(PS5)、一年以内の発売はない」との回答があったことを、ウォール・ストリート・ジャーナルの望月記者がTwitterにて伝えています。

さらに2019年度見通しに計上されている「次世代機(PS5)の開発にかかる費用」に関する質問に対して「前期の(ゲーム&ネットワーク部門の)営業利益の3111億円、今期見通しの2800億円、その差分(311億円)のほとんど」と回答しています。

その一方で決算説明の中でも「次世代コンソールの開発にかかる費用の増加」が営業利益の減少した原因の1つとして挙げられており、PS5開発が本格的に進んでいることは間違いないようです。

PS5開発を主導する1人であるマーク・サーニー氏は、先日のインタビューでも「2019年内に店頭に並ぶことはない」とコメント。より遡れば、昨年5月時点でSIEは「今回の中期(21年3月まで)は、一旦かがんでより高く飛ぶための準備期間というふうに考えている」と述べており、2020年までのPS5発売は想定していないと示唆していました。

その一方、2018年度のPS4本体の販売台数は1780万台で、前年の1900万台から減少。そして19年度には1600万台にシフトすると予想されており、ライフサイクルの終焉に入ってきたことが明らかになったかたちです。

任天堂が開発中と噂される新型スイッチは現行モデルの廉価版と予想され、機能のアップグレードはおそらくなし。マイクロソフトの「パワフルかつ高価」とされる次世代Xboxも発売時期は不明で、今年から来年にかけて据え置きゲーム専用機で大きな動きはない可能性があります。ここしばらくは、クラウドゲーミングプラットフォームのGoogle Stadiaが先行して注目を集めるのかもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

239シェア
13
226
0

Sponsored Contents