Sponsored Contents

発掘スマホゲームの最新記事

Image credit:
Save

元勇者のスライムが活躍!「ボク本当は勇者なのにっ!!」のぎりぎり回避が快感:発掘!スマホゲーム

ギリギリを攻めすぎるとあっさりやられます

11シェア
0
11
0
0

連載

注目記事

【連載:発掘!スマホゲーム】
星の数ほどあるスマホゲームの中から、話題になっているもの、気になったもの、何か面白そう、そんなタイトルをひたすらご紹介していきます! 今回ご紹介するのは「ボク本当は勇者なのにっ!!」です。

発掘!スマホゲーム連載一覧


「ボク本当は勇者なのにっ!!」は、RPG作品で敵キャラとして描かれることが多いスライムをメインキャラクターにしたアクションゲーム。フリック操作で行う回避アクションに特化したゲームシステムが特徴です。

bokuyuu

本作の主人公は、とある呪いで非力なスライムとなってしまった勇者。頭につけたサークレットのせいで、序盤から冒険者につけ狙われることになるという設定。これから色々なキャラクターと出くわすことになりそうです。

bokuyuu

「ボク本当は勇者なのにっ!!」アプリダウンロードはこちらから
 



bokuyuu

こちらはゲーム開始後のプレイ画面。マス目に区切られたステージを舞台に、画面外から迫ってくる勇者の攻撃を全て回避すればクリアとなります。

bokuyuu

スライムを移動させるには、動きたい方向に画面をフリック。1マスずつしか動けないものの、乗ると滑る「スライム床」などのギミックを利用すれば素早く移動することも可能です。

bokuyuu

冒険者は剣を切り払って攻撃を仕掛けてくるので、マス目に近づいた時点で距離を取るのがおすすめ。剣を振りかぶる隙を窺って遠くに逃げましょう。

bokuyuu

序盤はバラバラに登場した冒険者たちも、ステージが進めば集団で押しかけてきます。攻撃範囲を見極めるのはもちろん、無闇に動き回って自滅しないために、安全位置を早く見つけて確保することを忘れずに。

bokuyuu

各エリアの全ステージを突破した段階で、ギミックや登場キャラの異なる新たなエリアに挑戦できます(というより、逃走した先で冒険者に襲われる気もしますが......)。

また一度クリアしたエリアでは、倒されるまでひたすら攻撃を避け続ける「エンドレスモード」が解放されます。こちらで記録更新を目指してチャレンジするのもよいでしょう。明確なマルチプレイ要素こそありませんが、ソロプレイでコツコツ遊ぶのが好きな人には持ってこいのタイトルです。

「ボク本当は勇者なのにっ!!」アプリダウンロードはこちらから
 





広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

11シェア
0
11
0
0

Sponsored Contents