Sponsored Contents

internetの最新記事

Image credit:
Save

Google、ロケーション履歴や検索履歴などのデータを自動削除可能に

3か月または18か月から選択

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年5月2日, 午後03:00 in internet
71シェア
0
71
0
0

連載

注目記事


Googleが、ロケーション履歴や検索履歴などのアクティビティデータを一定期間で削除できる機能を導入すると発表しました。

これまで、ロケーション履歴や検索履歴などのデータは、保存する・しないの2択しかなく、削除は手動で行う必要がありました。しかし、今後はデータの保存期間として3か月または18か月を選択し、それを過ぎたものは自動で削除可能になります。この削除機能は、今後数週間で利用可能になるとのことです。

Google auto delete history

この機能は最初に「ロケーション履歴」と「WEBとアプリのアクティビティ」に提供されるとのこと。今後、音声アクティビティなど他のデータ管理についても同様の削除機能が提供されるものと考えられます。

なお、米国では、Googleのロケーション履歴の犯罪捜査利用が増えているとのニュースがありましたが、ロケーション履歴を削除すると、当然、捜査機関への情報提供も行えなくなるはずです。


また、検索履歴などのアクティビティは、検索結果でユーザーの興味にあうものを上位にしたり、好みに応じた店を表示したりするのにもわれています。データを削除すると、これらのパーソナライズが行えなくなるのは、意識しておく必要があります。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Google
関連キーワード: data, gear, google, history, internet, location, privacy
71シェア
0
71
0
0

Sponsored Contents