Sponsored Contents

Weekendの最新記事

Image credit:
Save

マドンナ5人がライブで歌唱・『ウィロー』TVシリーズ化?・報道機関がトランプの嘘を拡散との調査結果: #egjp 週末版163

5人揃ってマドンナー

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年5月5日, 午後08:50 in Weekend
18シェア
0
18
0
0

連載

注目記事


直近で拾いきれなかったニュースをダイジェスト形式でお届けします。今回は「マドンナ5人がパフォーマンス」「ウィローがTVシリーズ化?」「報道機関がトランプの嘘を拡散させるとの調査結果」といった話題をまとめました。

マドンナが5人揃ってライブパフォーマンス。4人はARアバター

NBC/Dick Clark Productions
5月1日に開催されたBillboard Music Awards(BBMA)で、マドンナが最新シングル曲"Medellin"をパフォーマンスしました。事前の話題はコロンビア出身のイケメンシンガー、マルマとの共演ではあったものの、それ以上に最新のAR技術を駆使し5人ものマドンナが同時に登場する仕掛けが世界の目を惹きつけました。

ステージに登場した5人のマドンナのうち本物は、最初に登場した美脚もあらわな衣装のマドンナのみ。あとの4人はUnrealエンジンが描き出した幻影、3Dアバターでした。しかしその映像はリアルそのもので、ときおり配置を調整するためにズリリっと立ち位置がスライドしたりしなければ「よく似たそっくりさんを集めたな」と違う方向で感心させられていたかもしれません。

映像で見ると、4人のアバターはホログラムでそこに"登場"しているように見えなくもありません。しかし実際は3Dアバターを映像に合成しているため、会場にいる人たちには本物以外は見えていません。映像後半で4人のアバターがミニステージに立っているにもかかわらず、会場の人々が奥のステージしか見ていないのはそのためです。
映像製作チームは振興のAR企業Sequinが担当しました。今回のステージはマドンナとマルマが(口パクとはいえ)ライブパフォーマンスする最初の機会であり、さらにSequinにとって初のプロジェクトでした。ただ、Sequinの共同創設者ローレンス・ジョーンズとロバート・デフランコはこれまでにも2019年のスーパーボウルなどでAR技術を取り入れた映像作りを行っており、今回の映像作りのためにvolumetric captureと呼ばれる技術を用いてマドンナの360度映像データを取得、それを生放送の映像の中に適切な大きさの3D映像として配置しました。このため、見る角度によっては2D感が伴うホログラムとは異なり、映像の中だけではあるもののよりリアルな3Dアバターとして再現することが可能となっています。

Unrealエンジンはいまやゲームだけでなく、映画やVR、ARなどより広い分野で使われつつあります。今回の映像にももちろんアラがなかったわけではなく、SNSにもそのことを非難する投稿が散見されもしたものの、技術的にはARとvolumetric capture技術の最先端の仕事を見ることができたと言えそうです。

名作ファンタジー『ウィロー』がTVシリーズ化?

MGM
映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』でロン・ハワード監督とともに脚本を手がけたジョン・カスダンが、80年代ファンタジー映画のカルト的名作『ウィロー』のテレビシリーズ化について、ハワード、ジョージ・ルーカス両監督が話し合っていると述べました。

1988年に公開された『ウィロー』はルーカスが原案および製作総指揮、ハワードが監督を務めた映画であり、世界を救うと言われる"印"を持って生まれたばかりに川に流された人間の赤ん坊を、たまたま保護した小人族のウィローが人間に返しに行く冒険のストーリー。この映画はルーカスが1970年代に思いついた(指輪物語の影響が強いとも一部には指摘される)アイデアを、ハワードに監督を依頼して映画化したもので、その年のアカデミー賞2部門にノミネートされました。

エンタメ系ニュースサイトのDeadlineは「もしこの企画が進めば、ウィローは以前よりも賢くまた武器の使用に長けた大人のキャラクターになるだろう」という、ロン・ハワード監督の言葉を紹介しています。まだ企画を検討している段階ではあるものの『ダーククリスタル』の新作もそろそろNetflixにやってきそうなこの時期、あの年代のファンタジー映画ファンにはたまらない作品がまたひとつ帰ってきそうです。

2020年のプリウスはCarPlayとAlexaに対応?

toyota
2017年に発売された現行のプリウス・プライム(プリウスPHV)は、米国ではそこそこの歓迎を受けていたものの、そのカーインフォテインメントシステムには先進性というものは見当たりませんでした。しかし、このたび発表された米国向けの2020年バージョンは標準でアップルのCarPlayおよびアマゾンのAlexaに対応することが明らかになりました。

ただ、ハイブリッドカーとしての性能は折り紙付きのプリウスですが、米国では現行プリウスの人気は下降気味。PHVバージョンはさらに価格が高く人気が低迷しているため、2020年版プリウスのコネクティビティの向上は離れかけていたエコカー支持層を取り戻す可能性はありそうです。ただし、米国ではPHVよりもテスラに代表されるEVの人気も台頭しており、デザインもいまいち不評なプリウス・プライムがどれほど検討するのかは、蓋を開けてみるまでは判断しがたいところかもしれません。

SpaceX、Crew Dragon 宇宙船を失う

SpaceX Crew Capsule
SpaceXが5月2日に開いた会見で4月30日の試験中に発生した火災によって宇宙船Crew Dragonが失われたと報告しました。と言ってもその事故内容は、事故当時に明らかにされている「試験中の異常が原因」ということ以外に新たな情報はほとんど明かされませんでした。

SpaceXは試験が"途中までは"うまくいっていたことを強調しています。Dragon宇宙船のSuperDracoエンジンは、5秒ずつ2セットのテスト噴射を完了しました。しかし、その直後に異常が発生。「データには、SuperDracoの起動中に異常が発生したことが示されている」とSpaceXのハンス・ケーニヒスマン氏は述べています。Crew Dragon宇宙船周辺からはオレンジ色の煙が立ち上るのが目撃されていました

Crew Dragon宇宙船自体はそれほど大きなものではありませんが、それが焼損したとなるとSpaceXにとっては計画が大きく後退したことを意味します。失われたCrew Dragonは3月に無人ながらISSへのドッキングを成功させ、5日後に帰還、大西洋に着水したものでした。

現在、民間の宇宙船を使ったISSへの飛行士輸送ミッションは7月に予定されています。SpaceXはISSとドッキング可能な別のCrew Dragonを準備する計画を進めているとされますが、それが間に合うのかはわかりません。また物資補給ミッションにはこれまでどおりCargo Dragonとも呼ばれる輸送船を使用するはずです。NASAはSpaceXのほかにボーイングともISSへのクルー輸送用宇宙船の開発契約を結んでいます。

報道機関のツイートがトランプの嘘を拡散させるとの調査結果

Trump Conway
Twitterはトランプ大統領がいい加減な認識に基づく発言をすれば、それを瞬く間に世界中へ拡散します。非営利組織Media Matters for Americaの調べによると、トランプ大統領のツイートに関する主要なニュースプロバイダーの報道の約30%には誤った情報が含まれることがわかりました。そして、65%の確率で報道機関はそれを訂正したり、なぜそのようなことになったかを説明できていないとのこと。

これは、ユーザーの多くが見出し部分だけで脊髄反射的に反応を投稿してしまいがちなSNSにおいて、特に面倒なことと言えるかもしれません。

Media Mattersは、1月26日から2月15日の間、米国内32の主要報道機関が投稿した2000以上のツイートを分析しました。そして、このわずか3週間のあいだに、報道機関はトランプ氏が発した誤った情報を1日当たり19倍、3週間で400倍以上に拡散していたとのこと。

問題はニュースサイトが"よく読まれること"を狙った見出しをつけることで拡大します。見出しはその話題に報道する価値があるかのように書かれ、事実であるかよりも記事の内容に沿っているかだけに注意が払われているとのこと。この傾向はトランプ大統領関連に限るものではありません。しかし、トランプ大統領関連のニュースは、その5つにひとつが、トランプ大統領の発言を引用するもので、それが誤った発言であれば影響は大きいかもしれません。Washington Postによれば、トランプ大統領はこれまでに1万回以上も事実誤認や紛らわしい主張を行ってきました。

調査を行ったMatt Gertz氏は「トランプ大統領のあらゆる発言をほぼリアルタイムで逐一伝えようとする様々な報道機関が、たくさんの誤った発言を拡散させています。私は何をそんなに急いでいるのかがわからない」と述べました。そして「大統領が国民を誤解させるのを、さらに助長するのが報道機関の役割ではないはずです」としました。

Twitterは2017年に日本、中国、韓国以外で1ツイート当たりの文字数を280文字に倍増させました。その理由には、例えば日本語に比べて英語などでは、同じ内容を伝えるのに倍の文字数が必要だという理屈も説明に含まれていました。しかし240文字を駆使しても、Twitterでニュースを誤りなく伝えるのは難しいのかもしれません。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Sponsored Contents