Sponsored Contents

EngadgetQuizの最新記事

Image credit:
Save

スマブラプロトタイプに付けられていた地名は?|任天堂クイズ by Kiyoshi Tane

貴方は何問解けるかな?

Kiyoshi Tane
2019年5月6日, 午後05:00 in Engadgetquiz
43シェア
0
43
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

GWを楽しんでいるゲームファンの皆さんのために、任天堂のゲームにまつわるクイズを5問用意しました。貴方は何問解けるかな?

【問1】

ファミコン初のサードパーティソフトはどれ?

A.ギャラクシアン

B.ナッツ&ミルク

C.ファミリーベーシック

D.エクセリオン












■解説
初のサードパーティソフトは『ナッツ&ミルク』(ハドソン/1984年7月20日)。おそらくハドソンが「ファミリーベーシック」(同年6月21日)の開発に関わっていた縁もあったから(NS-Hu BASICの「Hu」はハドソン開発のHu-BASICを元にしていた名残り)。

ナムコのファミコン参入は完全に任天堂の想定外で、ファミコンを自力で解析して社内で作った『ギャラクシアン』を持ち込んだことがきっかけだったとの証言もあり。

■正解
B.ナッツ&ミルク

【問2】

どうぶつの森シリーズ、ファミコンゲームが遊べる「ファミコン家具」があった最後の作品はどれ?

A.「おいでよ どうぶつの森」

B.「街へ行こうよ どうぶつの森」

C.「どうぶつの森e+」

D.「とびだせ どうぶつの森」











■解説
ゲームキューブ用の「どうぶつの森e+」がゲーム中でファミコンが遊べる最後のシリーズ作品。DS用の「おい森」(略称)以降で遊べなくなったのは、Wii向けに過去ソフトが遊べる「バーチャルコンソール」を展開をスタートした兼ね合いもあったと思われる。

なお内蔵ファミコンゲームの単純な本数でいえばゲームキューブ用の前作「どうぶつの森+」の方が上回っており、続編の「e+」は純粋なアップグレード版とは言えない。

■正解
C.「どうぶつの森e+」

【問3】

次のうち、レア社開発ではない任天堂ゲームを選んでください

A.「ブラストドーザー」

B.「パーフェクトダーク」

C.「バンジョーとカズーイの大冒険」

D.「ドンキーコング リターンズ」











レア社はイギリスのゲーム開発会社で、かつての任天堂のセカンドパーティ(関係の近い外部会社)。スーパーファミコン末期に「スーパードンキーコング」を大ヒットさせて高い開発力を発揮した後、N64向けにも「バンジョーとカズーイの大冒険」や「ゴールデンアイ 007」など傑作を連発した。

しかし2000年頃から開発の遅れが目立ち、2002年には任天堂が保有するレア株をマイクロソフトに売却。そんなわけでWii用の「ドンキーコング リターンズ」は「メトロイドプライム」などのレトロスタジオが開発を担当している。

■正解
D.ドンキーコング リターンズ

【問4】

初代スマブラ(N64用の「ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ」)の開発段階でのプロトタイプはある地名にちなんで名付けられていましたが、それは次のうちどれ?

A.猿楽町

B.上鳥羽

C.竜王町

D.鍵屋町











■解説
HAL研究所に在籍していた頃の桜井政博氏と岩田聡氏(プログラマー)、サウンドクリエイターの3人が試作した「格闘ゲーム竜王」がスマブラの原点。「竜王」の名前が付けられたのは、HAL研山梨開発センターのあった山梨県甲斐市竜王町(現在は竜王新町)の写真が背景に使われたから。

ちなみに猿楽町は任天堂などのゲームのテストプレイを行う「株式会社猿楽庁」の元ネタ、上鳥羽は任天堂本社の現在の場所、鍵屋町は任天堂の旧社屋(花札やカルタが本業だった時代)。
Engadget
■正解
C.竜王町

【問5】

次のうち、任天堂ハードで株の売買ができたネットワークサービスはどれ?

A.ランドネット

B.サテラビュー

C.ファミコンホームトレード

D.XBAND











■解説
ファミコンホームトレードは、任天堂と野村證券が共同開発した「ファミコンを端末にして電話回線につなぎ、顧客が証券情報を見たり株の売買ができる」システム。野村證券がホストコンピュータのプログラムやデータベースを、任天堂はファミコン用の通信アダプタを開発した。

このシステム、よく黒歴史やキワモノ扱いされるが、実際は約13万台も売れている。通信アダプタは汎用性があるため競馬の在宅投票用にも採用され、そちらは約10万台弱(つまり、ハード自体は少なくとも約23万台も出荷されてる)。

なおランドネットはN64+64DD用のネットワーク接続サービス、サテラビューはスーパーファミコン用の衛星データ放送サービス、XBANDはスーファミとメガドライブ、セガサターン用の通信対戦サービス。

■正解
C.ファミコンホームトレード
みなさん、何問正解できましたか?感想などをSNSで投稿してみてくださいね!
Engadget 日本版では、さまざまなジャンルのガジェットに関するマニアックなクイズを展開しています。気になる方はコチラからチエックしてみてください!
Engadget Quiz記事一覧Engadget




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: EngadgetQuiz, game, nintendo
43シェア
0
43
0
0

Sponsored Contents