Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

次期iOS 13ではダークモードほか新要素が大量追加?6月に発表される新機能のうわさ

どこかで見たことある機能が多い気が

Kiyoshi Tane
2019年5月7日, 午後12:30 in apple
32シェア
0
32
0
0

連載

注目記事


今年6月3日(米現地時間)に開催されるアップルの開発者向けイベントWWDC 19では多くの新機軸が発表されると見られていますが、そのうち次期メジャーバージョンiOS 13に搭載される新機能の予測が報じられています。

米大手メディアBloombergによると、iOS 13(社内コードネーム「Yukon」)には去年のiOS 12では見送られた機能も盛り込まれるとのこと。すでに来年のiOS 14もコードネーム「Azul」として開発に着手されており、iPhone2020年モデルの5Gネットワーク対応に向けた動作速度向上や、新たなAR機能のサポートが予測されています。

ざっとした概論としては、今年のiOS 13は昨年に続いてデバイスの速度が向上し、バグが減少。マルチタスクを起動してアプリを閉じるときのアニメーションや、ホーム画面の左側に表示されるウィジェットも洗練され、全体的にユーザーインターフェースが調整される方向性です。

以下、iOS 13に予想される新機能やアップグレード点の箇条書きです。

  • ダークモードがコントロールセンターで有効にでき、すばやく設定変更が可能に
  • キーボード上の文字を一度にスワイプして単語を入力できるようにする新しいオプションをテスト中。これはAndroid端末のそれと似ており、SwiftKeyなどのサードパーティ製iPhoneアプリとも競合するとのこと
  • Healthアプリの改良。ヘッドフォン音量などを管理する「聴力の健康」が設けられ、月経周期の追跡なども追加
  • Macと接続してiPadを外部ディスプレイとして、Apple Pencilで絵も描けるLuna Displayのような機能の追加
  • リマインダーアプリの強化。現状ではToDoリストが並ぶだけですが、更新後は「今日やる仕事」「すべての仕事」「予定の仕事」「フラグ付き仕事」の4つのセクションが表示。各セクション内には、アイテムを追加できる色分けされたページが用意
  • スクリーンタイム機能が改良され、新たに子供が特定の時間に電話できないように設定可能に。アップルは先日、同様の機能を持つサードーパーティ製ペアレンタルコントロールアプリを削除したとして批判されていましたが、これに対してセキュリティとプライバシーの懸念から取り締まったと反論しています
  • 「ブック」アプリの更新。進捗状況の追跡と新しい報酬システムによって、ユーザーに読書を推奨
  • iMessageでは相手のプロフィール写真と表示名を設定できるほか、アニ文字やミー文字を送信する専用メニューも追加
  • 「マップ」アプリでは、自宅や職場の場所を設定して移動のナビゲートが簡単になり、頻繁に行く場所のグループを作成して写真を追加できるように
  • 「友達を探す」と「iPhoneを探す」を統合した新アプリ。内部的にはコードネーム「GreenTorch」と呼ばれ、以前9to5Macが噂を伝えていたものです
  • 「メール」アプリでは、スレッドのミュートや特定の連絡先をブロックしたり、簡単なフォルダ管理も可能に
  • 「時計」アプリ内の「ベッドタイム」(就寝時間の管理)更新を含む、新たなスリープモード。将来的にはApple Watchのような睡眠追跡デバイスと統合される。コントロールセンターでスリープモードを有効にすると、着信拒否がオンになり、すべての通知がミュートされる
  • 「ホーム」アプリも更新され、防犯カメラと連携して過去の録画を見ることができるように。HomePodスピーカーでも要望の高いマルチユーザーモードを計画中
  • 写真やWebリンクを他の人に遅れる「共有」インターフェースの洗練
  • Safariブラウザのダウンロード場所がMacのように1箇所に統合される
  • iPad上でのマルチタスクはインターフェースを一新。同じアプリの異なるバージョンを切り替えるなど、いくつかのユニークな機能を実装
  • 補聴器サポートの強化。アクセシビリティ設定メニューが充実する
未だかつて見たことがない斬新な要素というより、人気を集めているサードパーティ製アプリのいいところ取りをしている感がなきにしもあらずですが、より洗練された使いやすさを期待したいところです。




夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Bloomberg
関連キーワード: apple, AppleRumor, ios, iOS13, ipad, IpadPro
32シェア
0
32
0
0

Sponsored Contents