Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

Apple Watch Series 2を修理に出すとSeries 3に交換?アップルが内部文書で通達のうわさ

ただしiPhoneの買い換えが必要な場合も

Kiyoshi Tane
2019年5月7日, 午後04:30 in apple
58シェア
14
44
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

Apple Watch Series 2の特定モデルを修理に出すと、一時的に世代の新しいApple Watch Series 3に交換してもらえる可能性があるとの噂が報じられています。

米アップル関連情報サイトMacRumorsは、アップルストアおよび正規サービスプロバイダ向けに配布されたアップルの内部文書を入手。それによると、Apple Watch Series 2の38mmアルミニウム製モデルの修理担当者には、ある部品の一時的な不足により、同等のApple Watch Series 3に交換するよう指示が出されているとのことです。

アップル製品を修理に出した場合、交換パーツが不足している等の理由で新しいモデルに交換される対応は珍しくありません。2018年4月にも、iPhone 5cの16GBモデルを32Gに交換するよう正規サービスプロバイダに通知したとの噂がありました

今回の一件が以前とは異なるのは、「直接の修理品ではない、iPhoneの買い換えも(ユーザーの負担で)必要になるかもしれない」という点です。なぜならApple Watch Series 3の母艦としては「watchOS 4以降と互換性があるiPhone」が必要とされますが、iPhone 5やiPhone 5cはその要件を満たしていません。

内部文書はアップルストアや正規代理店の技術者に対して、そうしたiPhone 5/5cユーザーにはiPhoneをアップグレードする(watchOS 4以降に対応しているもの)オプションを提示するように指示。そして顧客がSeries 3への交換を受け入れられない場合は、アップルの公式サポートに連絡して本体の払い戻しが受けられるとしています。

将来的にはApple Watch単体でできることも増えるとの噂もありますが、現時点でのApple WatchはリンクできるiPhoneなしではアプリのインストールもままならず、ただの活動量計つき時計と大差ありません。とはいえ、一応は独立した製品を「母艦のiPhoneと互換性がないから」との理由で返金対応までするのは驚きと言えそうです。

Apple Watchの修理を受けるには、まず公式サポートにアクセスして、アップルストアまたはアップル正規サービスプロバイダに予約を入れる必要があります。あくまで海外で入手された内部文書であり、期間も不明のため交換対応が受けられる保証はどこにもありませんが、故障したSeries 2をお持ちの方はアップルに連絡を取ってみるとよさそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: MacRumors
58シェア
14
44
0

Sponsored Contents