Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

新Mac Proと純正ディスプレイは6月のWWDCで発表?macOS 10.15ではiOSアプリが多数移植のうわさ

新Mac Proは「やっと」という印象

Kiyoshi Tane
2019年5月7日, 午後03:00 in apple
45シェア
7
38
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

アップルが今年6月の開発者向けイベント「WWDC 2019」で発表すると見られている新基軸のうち、次期メジャーバージョンmacOS 10.15についての噂が報じられています

米Bloombergは、今年秋にリリースと思われるiOS 13やwatchOS 6とともに、macOS 10.15の新機能に関する予測も伝えています。その主な内容を総括するなら、iOSとmacOSアプリを段階的に統合していく社内プロジェクトMarzipanにもとづき、iPhoneやiPadのアプリがmacOSに移植されるというものです。以下、新アプリなどの箇条書きです。

  • iOS用Podcastsアプリと、iOS 13以降の「iPhoneを探す」と「友達を探す」の2つを統合したアプリのmacOS移植
  • 新たなmacOS用Apple Musicアプリの開発。先日もiTunesからMusicとPodcastsという主要機能を分離するとの噂がありました
  • 「メッセージ」アプリに新たなエフェクトとステッカーの追加
  • ユーザーがiOSで独自のSiriコマンドを作れる「Siriショートカット」をmacOSにも統合
  • 「リマインダー」アプリの更新
  • 「ブック」アプリのアップグレード

WWDCは本来ソフトウェアに焦点を当てた催しですが、アップルはその場で新ハードウェア製品を発表することが珍しくありません。Bloombergによれば、完全新規設計のMac Proのデビューを検討しているとのこと。本製品はアップルが前から言及していたもので、当初は2018年のリリースを予告しており、後に2019年への延期を表明していました

さらにHDRサポートも備えて発色がかなり改善された外付けモニター、コードネーム「J290]も用意されているとのこと。これが有名アナリストが予測していた「アップル純正の31インチ6Kディスプレイ」と同じものかどうかは不明ですが、なんらかのディスプレイ製品がWWDCで発表される可能性はかなり高そうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Bloomberg
関連キーワード: apple, AppleRumor, mac, MacOs, macos10.15, MacPro, marzipan
45シェア
7
38
0

Sponsored Contents