Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

廉価版Pixelは来年以降も登場か。一方でPixel 4a(仮)はより差別化が進むとのウワサも

ローエンド向けPixel、誕生か

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年5月9日, 午後07:00 in google
33シェア
0
33
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

Pixel 3aを発表したばかりの米グーグルですが、今後もPixelシリーズのスマートフォンに廉価なラインナップを用意するとの情報が、海外にて伝えられています。

海外テックサイトのAndroid PoliceがPixel開発チームから得た情報によれば、先日発表されたPixel 3a/XLの路線は「ワンオフ(1回きり)ではない」とのこと。つまり、廉価なPixelスマートフォンがおそらくは毎年登場することを示唆しています。

Pixel 3a/3a XLは、それぞれ国内価格で4万8600円と6万円(共に税別)と、フラッグシップモデルの「Pixel 3/3 XL」の半額程度で登場しました。さらにカメラの機能や画質は上位モデルとほぼ同等で、目立つ違いといえばプロセッサや本体素材、フロントカメラの個数くらい......ということで、ネット上でもかなり好評となっています。

一方で、Android Policeは次期モデルの「Pixel 4(仮称)」に、より高機能かつ高コストな複数カメラが搭載されると推測しています。そして、同等のカメラが廉価版の「Pixel 4a(仮称)」に搭載されるとは考えづらい、とも予測しています。

廉価版モデルの投入は、プレミアムモデルが生み出すはずだった利益を食ってしまう「カニバリズム」という現象を引き起こしかねません。しかしPixelスマートフォンの販売不振が報告される中、グーグルはシェア確保のために廉価版を投入せざるを得ないという事情もあるのでしょう。

奇しくも日本では、携帯電話の機種代金と通信量をわける「分離プラン」の導入が進められています。そんな中では、今後も登場するかもしれない廉価なPixelスマートフォンがより存在感を増すのかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: android, google, googlepixel, pixel, smartphone
33シェア
0
33
0
0

Sponsored Contents