Sponsored Contents

Microsoftの最新記事

Image credit:
Save

マイクロソフト、巨大Windowsデバイス「Surface Hub 2S」を日本で発売。約100万円で9月出荷

バッテリー駆動も対応。“モバイルSurface Hub”ができますね!

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年5月10日, 午後01:40 in Microsoft
165シェア
0
165
0
0



特設サイト
bunner

   

 

連載

注目記事


日本マイクロソフトは、Windows 10搭載のコラボレーションデバイス「Surface Hub 2S」を発売します。法人向けのデバイスとして、5月10日より予約を受け付け、9月に出荷を開始します。価格は99万9800円(税抜、以下同)です。

「Surface Hub 2S」は50インチのマルチタッチディスプレイを備えた、ペン入力に対応する巨大なWindows PC。ときに会議通話端末として、ときにホワイトボードとして、あるいは設計図を表示するキャンバスとして、オフィスの中に1台あれば、さまざまな用途で使える製品です。

Surface Hub 2S
Surface Hub 2S
50インチの4Kディスプレイを備え、前世代より60%の薄型化、40%の軽量化を実現。サードパーティー製のオプションとしてSuface Hub 2Sを100分間動作させられる電源「APC Charge モバイルバッテリー」を用意したことで、屋外イベントなどでのサイネージとしても利用しやすくなりました。

マイクロソフトからSurface Hub 2S用のアクセサリーとして、Surface Hub 2カメラ(1万6800円)と、Surface Hub 2ペン(2万2800円)も発売。サードパーティー製のアクセサリーでは、APC Charge モバイルバッテリーがシュナイダーエレクトリック社から、壁掛けマウントの「Steelcase Roam ウォールマウント」が日本スチールケース社からそれぞれ発売されます。

Surface Hub 2S
主なスペックとして、CPUはインテルの第8世代Core i5プロセッサーを搭載。メモリは8GBで、ストレージには128GBのSSDを搭載します。通信機能としてWi-Fi 5 (IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 互換)、Bluetooth 4.1、Miracast ディスプレイ をサポート。会議通話に適したスピーカーやアレイマイクを装備しています。HDMIビデオ入力も備えており、PCなどを繋ぐこともできます。大きさは741✕1097✕76mm、重さは約28kgです。

アプリでは、ホワイトボードアプリMicrosoft Whiteboardや、コラボレーションツールのMicrosoft Teams for Surface Hub、Skype for Business、Microsoft Office (モバイル版)などがプリインストールされます。

"働き方改革"の重要性が叫ばれている現代、オフィスに一台置いて、リモートワークで働く人達と円滑なコミュニケーションが取って生産性向上が図れるなら、100万円という価格も決して高くはない投資かもしれません。もしこのデバイスを自分の家に置きたいと考える人がいるなら、自宅で事務所を開業しているか、圧倒的なガジェット好きかのいずれかでしょう。




夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

165シェア
0
165
0
0

Sponsored Contents