Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

5月14日のできごとは「PERSONA 発売」「ミニファミコン 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン 発表」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年5月14日, 午前05:30 in today
19シェア
5
14
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

1999年:ATOKとPostPetを初めてROM搭載したハンドヘルドPC「PERSONA」

today
情報端末としてWindows CEの人気が高かった頃に登場した、日立のハンドヘルドPC「PERSONA」シリーズ。「HPW-30PA/HPW-30PAW」は日本語入力にATOK、メールソフトにPostPetをプリインストールしたモデルとして注目された製品です。

ハンドヘルドPCは基本的にビジネスツールとしての機能を追求したものが多く、そこに日本語変換効率の高いATOKをプリインストールするというのは納得ですね。ただ、こういったビジネス色が強いものにPostPetを搭載するというのは、なかなか勇気が必要だったんじゃないでしょうか。しかも電源オフからワンプッシュでPostPetを起動できる専用キーを備えるなど、ただのプリインストールではない、かなり力の入ったものとなっていました。

PostPet搭載の効果はどうなのかといえば、その結果が後継モデルとなる「HPW-50PA」のリリースに書かれていました。

購入後すぐにメールを楽しく快適に使えるようにしたことで、パソコンを持っていない方や女性の方々に支持され、約7~8割を占める女性ユーザーを中心に好評を博しました。

女性ユーザー率の高さはかなりのもの。これを受けてか、後継モデルのHPW-50PAではカラーバリエーションもクリアブルーとクリアオレンジという、明るい色調のものが選ばれています。もちろん、PostPetも搭載です。

2018年:ミニファミコンの再販と「週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」を発表

today
2016年の11月に発売され、当時を懐かしむ人たちに絶賛されたレトロゲーム機の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター」。これのタイトル違いバージョンとなる「週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」が発表されたのが、2018年の今日です。

収録されているのは「ファミコンジャンプ 英雄列伝」や「キン肉マン マッスルタッグマッチ」、「キャプテン翼」、「北斗の拳」、「ドラゴンボール 神竜の謎」など、ジャンプにちなんだ20タイトル。価格は7980円と通常版より高くなっていますが、通常の復刻版では入ることがない微妙なレアなタイトルが充実しているだけに、当時を知る人であれば納得できるのではないでしょうか。

このジャンプ版と同時に、通常版のミニファミコンの再販も発表されました。こちらは人気で品薄となったまま2017年4月に生産が終了していたものですが、具体的な予定はないとはいえ、生産再開について触れられていました。その約束が、1年ちょっとで果たされたことになります。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Sponsored Contents