Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

最軽量を返上し、使い勝手重視に。NECが新モバイルPC LAVIE Pro Mobile発表

バッテリー駆動時間や使い勝手とのバランスを見直したモデル

橋本新義(Shingi Hashimoto)
2019年5月14日, 午前11:01 in personal computing
90シェア
0
47
0
43



特設サイト
bunner

   

 

連載

注目記事


NECパーソナルコンピュータ(NEC PC)が、Windows 10パソコンの2019年夏モデル新製品を発表しました。今回の目玉的モデルとなるのが、13.3型画面採用の軽量モバイルノートPC『LAVIE Pro Mobile』です。

店頭モデルの出荷開始は5月16日予定。想定価格は18万9800円から(店頭版はOffice Home & Business 2019搭載モデルのみ)。本体カラーは「メテオグレー」「フレアゴールド」「クラシックボルドー」の3色です。

本体重量は約837g(後述の直販モデルでは約783g)からと、実質的にはLAVIE Hybrid ZERO系列の最新モデルとなりますが、軽さだけでなくバッテリー駆動時間(JEITA 2.0測定で約20時間)とのバランスや、堅牢性、本体デザインとのバランスを見直した新シリーズです。また直販モデルではSIMフリーLTEモデムも搭載可能です。



LAVIE Pro Mobile
LAVIE Pro Mobile
大まかなタイプとしては、いわゆる「TDP 15W版Core i(Uシリーズ)と、PCI Express接続-NVMe SSDを採用した、高速モバイルノート」に属します。

特徴の中でも最も目立つのが、一新された本体デザイン。これは昨今のNEC製ノートPCが推し進める、シンプルさを追求した「ノイズレスデザイン」「フラットフェイス」というコンセプトに基づいたもの。

ヒンジや排気口の見えない設計やキーボード面と周囲の段差をなくすといった工夫により、良い意味でNEC製ノートPCらしからぬシンプルさと呼べるものとなっています。

さらに天板部の素材は、新組成のカーボンファイバーを採用。軽量のカーボン網を組み合わせた積層カーボン構造により、初代Lavie Zからの伝統とも呼べるマグネシウムリチウム合金に比べて点耐圧やねじれに対する堅牢性を高めたとアピールします。

LAVIE Pro Mobile
またキーボードの構造も、キーピッチを18.5mmに設定するのみならず(従来のHZシリーズは18mm)、キートップの面積を10%拡大。押下圧特性はクリック感をより感じられるように調整するなど、ヘビーユーザーが好ましいと感じることの多い味付けに変更されています。

加えて打鍵時の静音性を高める構造や、キートップの感触をさらさらにしつつ印刷落ちを防ぐ「プレミアムUVコーティング」なども採用しています。

LAVIE Pro Mobile

ユニークな機能としては、本体スピーカーやマイクの特性を、電話会議に合わせる「ミーティングモード」が挙げられます。これは従来モデルで採用されたヤマハ製オーディオツール「AudioEngine」により提供され、多人数に向いた「マルチユーザ会議モード」と1人での使用に向く「パーソナル会議モード」の2種類を用意します。

LAVIE Pro Mobile
LAVIE Pro Mobile

本体デザインに合わせて拡張端子も見直しが図られており、ACアダプタはUSB Type-C採用品へと変更。また設計上は「15WのUSB PD対応モデルであれば充電可能」としているため、汎用ACアダプタの使用も可能です。

USBは総計すると、Type-C端子は2基(1基は10Gbps、1基が5Gbps。後者は電源兼用)、Type-A端子1基の計3基に。さらにmicroSDカードスロットとHDMI出力、3.5mmオーディオ入出力を備えます。
LAVIE Pro Mobile
主な仕様は、基本モデルとなる「PM550/NA」が

  • 液晶パネル:13.3インチフルHD
  • CPU:Core i5-8265U
  • RAM:8GB(デュアルチャンネル、増設不可)
  • ストレージ:256GB SSD(PCI Express接続-NVMe)
  • 本体サイズ:307.8×215.7×15.5mm (幅×高さ×厚さ)
  • 本体重量:約837g

といったところ。想定実売価格は18万9800円(税別)前後。

上位モデルとなる「PM750/NA」はCPUとストレージ容量が強化され、
  • CPU:Core i7-8765U
  • ストレージ:512GB SSD(PCI Express接続-NVMe)

となります。こちらの想定実売価格は20万9800円(税別)前後です。

LAVIE Pro Mobile

そしてBTO対応の直販モデルとなる『LAVIE Direct PM』も用意されます。こちらの想定価格は16万8000円前後から。
選択可能な基本パーツの幅は広めで、上述したLTEモデムの搭載に加えて、店頭モデルにはないタッチパネル対応モデルやCore i3-8145U、4GB/16GB RAMや128GB/1TB SSDといった構成も可能。

さらにRAM 4GBモデルでは、軽量バッテリー(公称駆動時間は約13.3時間)の採用も可能。これにより本体重量を約783gにまで抑えられます。

LAVIE Pro Mobile

このようにLAVIE Pro Mobileは、従来のHybrid ZEROシリーズの軽さを引き継ぎつつ、クラムシェル形状にフォーカス。さらにバッテリー駆動時間なども重視した結果、Hybrid ZEROが保持していた「2-in-1タイプにおける世界最軽量の冠をあえて返上した」かのような新シリーズとなっています。

ぱっと見でのデザインはオリジナリティが若干薄れ、VAIO SシリーズやSurface Laptopに似ているかな、とも感じますが、じっくり見てみるとシンプルゆえに飽きのこないタイプともなっています。その実力は昨今人気の高い1kg以下のモバイルノートPC市場においても、間違いなく注目モデルとなれる、期待のニューフェイスです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

90シェア
0
47
0
43

Sponsored Contents