Sponsored Contents

disneyの最新記事

Image credit:
Save

次のスター・ウォーズ映画はゲーム・オブ・スローンズの二人組が製作、2022年公開

ジョン・スノウとデナーリス?ティリオンとヴァリス?ラニスター双子??

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年5月15日, 午前09:24 in Disney
106シェア
19
87
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


今年12月公開の『ライズ・オブ・スカイウォーカー』(エピソード9)に続く新しいスター・ウォーズ映画は、人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のクリエーター二人組ベニオフとワイスが手がけ2022年末に公開予定であることが分かりました。


映画『スター・ウォーズ』は、1977年の第一作 A New Hope (新たなる希望) から続いてきた本編シリーズ、いわゆるスカイウォーカー・サーガが、2019年末のRise of Skywalkerで全九部作として完結予定。

その後の作品については、『ゲーム・オブ・スローンズ』の製作総指揮ベニオフとワイス二人組による複数の新作や、エピソード8 最後のジェダイを撮ったライアン・ジョンソン監督による新たな三部作が製作準備中とされてきました。

新『スター・ウォーズ』映画シリーズ発表。『ゲーム・オブ・スローンズ』総指揮のベニオフとワイスが製作(2018年)

また新作の公開スケジュールについてはつい先日、2022年末・2024年末・2026年末であることが発表されています。

スター・ウォーズEp.9の次は2022年末から三作確定。アバター2~5と交互に年末公開 - Engadget 日本版

今回、ディズニーのCEO Robert Igerがイベント Moffett Nathansonメディア&コミュニケーション サミットで明らかにしたのは、この「2022年末公開のスター・ウォーズ新作」が、ベニオフとワイス組による作品になること。



デビッド・ベニオフとD.B.ワイスは、ついに今年最終シーズンが放送された大人気のドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』を製作した二人組。ゲーム・オブ・スローンズ(以下GoT)には原作小説として『氷と炎の歌』があり、作者ジョージ・R・R・マーティンもエグゼクティブ・プロデューサーに名を連ねドラマ版の製作に協力しています。

ベニオフとワイスはドラマ版GoT全体の指揮を執る、いわゆるショーランナーの役割。長大な原作小説を全8シーズンのドラマに再構成し、全体の約7割で脚本も執筆するなど、ジャンル好き以外にはそこまで知られていなかった原作ファンタジー小説を全世界的な人気の映像コンテンツにした立役者といえます。

2018年、スター・ウォーズ新作の担当に選ばれた当時の本人コメントを再掲すると

「(スター・ウォーズ第一作が公開された)1977年の夏に遥か銀河の彼方を旅して以来、ずっと夢に見続けてきました」

「(新シリーズをプロデュースするという) 今回の機会を与えられたことは光栄で、責任に少し身震いしますが、ゲーム・オブ・スローンズの最終シーズンが終わりしだい取り掛かれることにとてもわくわくしています」


スター・ウォーズの新作映画は『ソロ』までの連発を反省して二年ほど冷却期間に入りますが、実写の新作ドラマ版スター・ウォーズは、ディズニーの独自映像サービス Disney Plus向けにすでに3シリーズが制作決定しています。

『スター・ウォーズ』実写ドラマ版はジョン・ファブローが脚本・総指揮。アイアンマンの運転手役




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: disney, gameofthrones, got, star wars, starwars
106シェア
19
87
0

Sponsored Contents