Sponsored Contents

4g lteの最新記事

Image credit:
Save

ドコモはLTEでもギガ超え、下り1576Mbpsを今冬開始

上り速度も131.3Mbpsまで向上

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年5月16日, 午後12:02 in 4G Lte
84シェア
0
84
0
0

連載

注目記事


NTTドコモは2019年の冬を目処に、4G LTEで国内最速となる下り最大1536Mbps(理論値)の通信サービスの提供を開始します。2019年夏モデルでは、Galaxy S10/S10+、AQUOS R3、Xperia 1が対応します。

最大1536Mbpsの4G LTE通信は、ドコモがあらたに免許を受けた3.4GHz帯の活用し、5つの周波数帯を束ねる5波キャリアアグリゲーション(5CA)によって実現するもの。

具体的には、3.5GHz帯の2波と3.4GHz帯の2波、それに東名阪限定で提供している1.7GHz帯を組み合わせて通信します。

1.7GHz帯の周波数免許が東名阪地域限定で交付されていることから、下り(受信時)最大1536Mbpsのサービスは東名阪でのみ提供されます。それ以外の地域では1.7GHz帯の代わりに2GHz帯を利用した5CAにより、下り最大1326Mbpsの通信サービスとなります。

2019年夏モデルのうち、AQUOS R3とXperia 1の2機種については、上り(送信時)速度も最大131.Mbpsに向上しています。



夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

84シェア
0
84
0
0

Sponsored Contents