Sponsored Contents

adobeの最新記事

Image credit:
Save

課金制のAdobeは卒業、PDF互換ソフト2大巨頭「いきなりPDF」「JUST PDF」の実力は?:電脳オルタナティヴ

互換ソフト、正直アリです!

ナックル末吉, @nacklesueyoshi
2019年5月17日, 午前10:00 in Adobe
98シェア
0
98
0
0

連載

注目記事

「Adobe Acrobat」がライセンス版の販売が終了し、他のAdobe製品同様にサブスクリプション(課金)型に移行しました。たまにしか使用しない筆者にとっては、Adobe Acrobatのプランはちょっといくらなんでもな金額でして......。


そこで今回は、超有名なPDF互換ソフトであるソースネクストの「いきなりPDF」とジャストシステムの「JUST PDF」の2種類を試用します。まずは、この2つソフトの価格とグレード、主な機能について比較表にまとめたのでご覧下さい。

「いきなりPDF」と「JUST PDF 3」の価格と機能比較

Engadget
▲最上位グレードは1万円前後。ただしライセンス買取なので毎年支払う必要はない

表に記入されている主な機能について少し解説します。
  • 生成:WordなどのOfficeソフトを経由せずに互換ソフトで直接PDFファイルを作成できる
  • 結合:複数のPDFファイルだけでなく、Wordや画像ファイルを一つのPDFファイルに結合
  • 分割:PDFファイルをいくつかに分割や、指定のページだけを抜き出して別のPDFを作成
  • 変換:PDFファイルを編集しやすいWordやExcel、テキストなどの形式に変換し、またPDFに戻すことも可能
  • 抽出:PDFファイル内で使用されているテキストや画像を独立したファイルとして抽出する機能です
「注釈」「しおり」「直接編集」「暗号化」は文字通りの機能となっていますので解説は省きます。

また、PDF互換(編集)ソフトといっても、機能が膨大なので全てを比較していたら数年は語れてしまうであろうほど。それで、筆者がPDF互換(編集)ソフトに最低限求める条件として下記を求めることにしました。たったこれっぽっちのことでも、ただの「PDF閲覧ソフト」ではできないことが山ほどあるんですよ。そこに無料と有料の差があるのかと。
  • 署名のためにテキストの直接編集ができる
  • 押印のために画像データを貼り付けられる
  • PDFの分割・結合ができる
  • 上記の操作を行った上で本家PDFとの互換性(再現性)が高い

では、上記のことを踏まえて両ソフトについて見ていきましょう。

シーン1〜招待状などをPDFで直接編集〜

いきなり本題というか本丸から。PDFをWordやExcelに変換することなく、PDFのまま編集できるかどうか。そもそもプレスリリースなどのPDFの発行元の人は、ExcelやWordの「元文書」を持っていて、それを編集した上で、最後にPDF化しているに過ぎません。PDFというもは本家Acrobat DCを使ってもそのままでは編集しづらいものなので、直接編集するといっても、社名や氏名、日付をササっと書き込む程度で十分だと筆者は考えています。

では、その最たる例をご覧頂きましょう。色々と項目が並んでいますが、既に入力済みの部分はPDFの時点で固定のテキストが入っています。問題は、最後に日付や署名、捺印が必要な部分。明らかに「印刷して手書きで記入せよ」というニオイがプンプンしますよね。でも、「直筆」とか「自著」とも書いていないので、筆者の場合はテキストで入力して送り返してやります。

PDF▲PDFなのに空欄があるということは「印刷」 「手書き」 「郵送 or FAX or スキャン」ということなのでしょう

■JUST PDF 3


PDFのテキストなどを変更する場合には、「高度編集モード」に変換する必要があります。この借用書の場合「ドキュメント」に変換して「高度編集モード」を発動するのが妥当です。パーフェクトとは言いませんが、WordとかIllustratorのような操作感でテキストを編集することが可能です。

PDF▲左上の「通常モード」を「高度編集モード」に切り替えます

PDF
▲すると上記のダイアログが出るので「ドキュメント」を選択

PDF▲署名(空欄埋め)は少しコツが必要で、空欄を埋めると言うよりも既存の文字列につなげていくイメージ。隙間は全角スペースを入れるなどして調整

PDF▲印鑑の画像は右クリックで表示される「イメージを配置」にて貼り付け

PDF▲ででん、と押印も完成!

PDF▲本家のAcrobat Readerで閲覧しても問題ナシ!

はい、本家で問題なく表示できればこっちのもの。デジタルデータで送り返してやりましょう。

■いきなりPDF COMPLETE


いきなりPDF COMPLETEはランチャーが起動して、やりたいごとにメニューを選ぶことも出来ますが、筆者的にはエクスプローラーの右クリックで表示される「コンテクストメニュー」でPDFファイルを直接開くのが好みです。

PDF▲いきなりPDF COMLETEのランチャー。署名捺印をするのであればもちろん「直接編集」を選択

PDF
▲エクスプローラー上でPDFファイルを右クリックすると「いきなりPDF」を選択することができるので「いきなりPDFで開く」を選択

PDF▲近代のUIっぽい印象ですね

PDF▲左上の「テキスト」アイコンをクリックするとテキスト編集モードに

PDF
▲ただし、元ファイルで使用しているフォントによっては「予期せぬエラー」が発生してアプリが強制終了することも。不安定?

PDF▲エラーさえ出なければなんてことなし。JUST PDFと同様の要領で、既存の文字列に追記していく感じ署名します

PDF▲押印画像はクリップボードからのペーストで可能。後はサイズ調節するだけでOK。これは便利!

シーン2〜複数のPDFを分割・結合〜


複数のPDFを1つにまとめられるだけでなく、画像やWordファイルをも1つのPDFとして結合したり、不要なページを削除したりする機能ですが、双方とも当然の様に搭載しています。やはり筆者の好みとしては、エクスプローラーで複数のPDFやjpgを選択して右クリックし「結合」や「PDF化」みたいなメニューで1つのPDFにまとめられるのが好みです。

JUST PDF 3もいきなりPDFもエクスプローラーの右クリックメニューからの結合や変換、PDF生成はもちろん可能です。筆者の印象では、ランチャーはいきなりPDFが強力だと感じました。双方とも一長一短ではありあますが、JUST PDF 3のエクスプローラーに溶け込んだシンプルなつくりのほうが筆者好みですね。

PDF▲1年分の請求書を1つのPDFにまとめようと右クリックメニューを表示。『JUST PDF 3「作成」で変換』の『いきなりPDF』の選択肢が表示される

PDF▲「JUST PDF 3」で複数のPDFを結合している様子

PDF▲「いきなりPDF」で複数のPDFを結合している様子

PDF▲PDFだけじゃなく画像だけを結合してPDF化。これぞ「病院食カタログ」!

気になる機能「はんこ」


さて、いきなりPDFには「はんこ」なる謎の機能が搭載されています。いや、さすがに読めばどんな機能なのかは理解できますが「まさか?」ってやつです。

PDF▲なんと「はんこ」が自作出来てしまいます

PDF
▲しかも、作成した「はんこ」を素材として登録しておけば、そのまま手間もなく「ズビシ!」と押印できてしまう手軽さ

この「はんこ」機能に似た機能で「機密」や「緊急」などの提携スタンプが押せる「スタンプ」機能も搭載されているのですが、さすがに公的な文書には向かないまでも、サインや認め印で済むようなデジタル文書への捺印はこれで十分ではないでしょうか?

PDF
▲いつも決裁が遅い上司にプレッシャーをかけることも!

互換ソフト、正直アリです!


さて、今回は超有名なPDF互換ソフトの代表格である2つのソフトを、ごく一部の機能だけに絞ってご紹介しましたが、日々の業務の内容によっては、課金してまで本家を使わずとも、互換ソフトも十分ありだと痛感せざるを得ませんでした。特に筆者のように、PDFで送られてきた文書に署名して返送するなんてシチュエーションは、そう頻発しないもものの、一度アナログに落とすようなことは絶対やりたくない人などにはうってつけかと思います。

今回紹介できなかった機能がまだまだ満載されている互換ソフトですが、リリースが新しい分「いきなりPDF」のほうがUIが洗練されていると感じます。ただし、どことなく操作感やコンセプトにクセを感じるので、筆者的にはビジネス向けにしかリリースされていないという「JUST PDF 4」がいつの日か個人向けにもリリースしてくれることを心待ちにしているところであります。と言うわけで、今後、筆者がスーパークリエイター的に動画デビューでもしてAdobe CCを契約でも為ない限りは、PDF周りは互換ソフトで行こうと思っています。また、Adobeさんには申し訳御座いませんが、筆者はデータで頂いたPDFを一度印刷して、再度デジタルデータにして返信することは今後もあり得ないと思います!!!



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: adobe, edit, pdf, text
98シェア
0
98
0
0

Sponsored Contents