Sponsored Contents

appの最新記事

Image credit:
Save

ドコモ「d払い」を強化、アプリ内からハンバーガー注文やタクシー配車も

d払いアプリからドコモ口座の残高を使えるように

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年5月16日, 午後01:02 in App
46シェア
0
46
0
0

連載

注目記事


NTTドコモは、決済プラットフォーム「d払い」を強化し、「ウォレット機能」や「ミニアプリ」といった機能を追加します。両機能が追加されるアップデートは、2019年の秋以降に提供される予定です。

これまでのd払いアプリでは、ドコモの携帯電話料金とまとめ払いあ、あらかじめ登録したクレジットカードを使ってお店で買い物をするためのアプリでした。今回のアップデートでは「ウォレット機能」が追加され、「ドコモ口座」の残高を利用したり、チャージして使えるようになっています。

また、d払いアプリに「ミニアプリ」が追加されます。ミニアプリは、d払い加盟店の提供するサービスを、他のアプリを入れずに使えるというもの。いわばdポイント対応のサービスを集約する機能です。

d払い

たとえば、ハンバーガーストアの事前注文や、タクシーの配車予約などを、d払いのアプリ内だけで利用できる形です。ミニアプリの各サービスのアカウント認証などはd払いアプリで代行されます。当初はローソンとマツモトキヨシがミニアプリを用意。マクドナルド、エディオン、ジャパンタクシーとの連携も検討しているとのことです。

d払い

このほか、d払いでは新たに中小店舗向けのQRコード決済機能を6月より提供します。店頭に展示できるQRコードが印刷したプレートで、ユーザーがアプリから読み取って支払いできます。

d払い

ドコモではd払いの展開においてデジタルガレージと協力。ドコモの営業網を活用して同社のQRコードソリューション「クラウドペイ」を展開します。クラウドペイは1つのQRコードでd払い、LINE Pay、merpayと共通利用できる決済サービスとなっています。

d払い



夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: app, cashless, dbarai, docomo, payment, smartphone
46シェア
0
46
0
0

Sponsored Contents