Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

Galaxy Foldでは画面保護レイヤーの取り扱い注意を明記? 新ユーザーマニュアル流出か

保護フィルムやシールもだめです

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年5月17日, 午後04:30 in Android
14シェア
0
14
0
0

連載

注目記事



韓国サムスンの折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」のユーザーマニュアルらしき資料が、海外メディアにて掲載されています。ここには画面保護レイヤーに関する注意書きが明記されていることが確認できます。

韓国電子新聞のetnewsが公開したGalaxy FoldのAT&T向けのマニュアルには、「メインスクリーンには特別な保護レイヤーが存在します。この保護レイヤーを剥がしたり、保護プロテクターやスティッカーなどの粘着質の物体を使用すると、ダメージを与える可能性があります」との表記があります。保護プロテクター(画面保護フィルム)が使えないというのは、意外な盲点ではないでしょうか。

Galaxy Foldでは先行レビュアーに配布された端末にて、ディスプレイに関する多数の問題が報告され、発売時期が延期されました。また分解報告によれば、その原因はレビュアーが剥がしてはいけない保護レイヤーを剥がしてしまったこと、そして折りたたむヒンジ部分の隙間から何らかの物体が画面下に潜り込み、異常を生じさせたことが伝えられています。

さらに最新の報道では、サムスンはすでにこの問題を認識しており、保護レイヤーをディスプレイ下までに組み込んで剥がせないように改良し、またヒンジの隙間を小さくするなどの対策を施して、6月中に正式にリリースするとされています。

なお、マニュアルの注意事項では「画面の中央にシワが寄る場合がありますが、これは正常な状態です。ディスプレイの間に物を挟まないでください」との表記もあります。大手メーカーから初めて発売される折りたたみスマートフォンは、そのスタイルだけでなく使い方にも、新たな注意が必要なようです。



夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: etnews
関連キーワード: android, Samsung, smartphone
14シェア
0
14
0
0

Sponsored Contents