Sponsored Contents

Transportationの最新記事

Image credit:
Save

運転席すらない自動運転トラックT-Pod、スウェーデンで公道試験開始。2020年には米国にも進出計画

…ただし、300mを時速5kmで

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年5月17日, 午後04:00 in Transportation
157シェア
0
126
0
31

連載

注目記事


5月15日、運送会社Einrideが自動運転トラックT-Podによる実際の配送をスウェーデン・ヨンショーピング市で試験的に開始しました。T-Podは電気だけで走行するオールエレクトリックかつ完全自動運転のトラック。運転席すら省略した設計で、万が一の際は5Gネットワーク越しにオペレーターが完全遠隔操縦で対応します。

試験運行には地元の大手物流会社DB Schenkerが協力し、T-Podは日に数回、倉庫から300mほど離れた貨物ターミナルビルまでの公道を往復します。たったの300mとはいえ、完全に無人のトラックによる公道走行が許可されたのはこれが初のことです。

T-Podは最高85km/hでの走行が可能で、航続距離も200kmと公表されています。しかし、さすがにそこそこでかいトラックを無人で走らせる試験であるため、スウェーデン運輸庁はT-Podに対して試験期間中は約5km/hという超ノロノロ運転での走行を指示しました。

EinrideのRobert Falck CEOは、運送企業が自動運転技術を取り入れるためには公道走行の許可こそが第1歩だと考えています。まずはスウェーデンのほんのわずかな区間を、早歩き程度の速度で往復するだけですが、2020年には米国のにも試験走行を拡大し、公道走行許可をどんどん申請していく計画だとのこと。

Falck CEOは「自動運転の中心地は米国であり、完全自動運転車の市場形成もおそらくそこで最初にはじまり、普及拡大するだろう」と述べています。

ちなみに、EinrideはT-Podの木材運搬バージョンT-Logも開発中。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

157シェア
0
126
0
31

Sponsored Contents