Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Honor 20 Proはクアッドカメラで上位機種を食らう? 発表前情報まとめ

フロントを入れればペンタカメラ

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年5月21日, 午後04:45
18シェア
0
18
0
0

連載

注目記事



中国ファーウェイのサブブランドとなるHonorは5月21日にロンドンでイベントを開催し、「Honor 20シリーズ」を発表します。そこでこの記事では上位モデルの「Honor 20 Pro(仮称)」を中心に、現時点で判明している情報をまとめてみました。

Honor 20シリーズではハイエンドモデルのHonor 20 Pro、そして標準モデルのHonor 20の投入が予測されています。なお、昨年12月には初めてディスプレイ内にカメラを内蔵した、通称パンチホールデザインの端末「Honor View 20」を発表しています。

Honor 20 Pro

Honor 20 Proは6.26インチのIPSディスプレイを搭載し、画面左上のパンチホールには3200万画素のフロントカメラを配置。なおディスプレイ指紋認証機能は搭載せず、本体サイドのアルミフレームに読み取りセンサーを配置するようです。

本体背面のクアッドカメラのスペックについては、複数の情報があります。メイン4800万画素+超広角1200万画素が搭載されるのはどのソースでも共通していますが、その他にマクロカメラやToF方式の深度センサー、あるいは3倍の光学ズームカメラやマクロカメラが搭載されるようです。

さらにHonor 20シリーズでは、バックパネルに業界初をうたう「トリプル3Dメッシュテクノロジー」を用いた「ホログラフィックデザイン」が採用されるようです。その詳細は判明していませんが、ファーウェイの「Pシリーズ」のスマートフォンのように、見る角度によって色が変わる素材なのかもしれません。

Honor 20 Pro

標準モデルのHonor 20では、6.1インチディスプレイを搭載。またToFセンサー(あるいは4個目のカメラ)を搭載しないことで、背面カメラ数が3個に減っています。なお、Honor 20シリーズはどちらもファーウェイの最上位プロセッサ「Kirin 980」を搭載し、RAM容量は6〜8GB、内蔵ストレージ容量は128〜256GBとなるようです。

Honorシリーズといえば、日本では「Honor 9」が5万円台と高コスパな価格帯にて投入されました。Honor 20/20 Proの価格は判明していませんが、Amazon.co.jpなどのECサイトやMVNOキャリアからの廉価帯での投入を期待したいところです。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

18シェア
0
18
0
0

Sponsored Contents